もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの口コミと効果!辛口評価まとめ

もずの魔法石鹸・ローションセット開封

この記事では、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションをセットで使っていた私の口コミ評価をまとめています。

 

気になる効果はもちろんですが、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの全成分の詳細、さらには使ったことによる副作用のリスクの有無や、最安値で購入できる方法までも全て調べ尽くしました。

 

「アトピーのかゆみなんてどうせ軽減できないし…」と思われている方こそ、是非読まれてみてください!

 

きっと、アトピーへの根本的な光が見えてくるはずです!

この記事の目次

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはアトピーの方向け

もずの魔法石鹸とローションの説明

アトピーを持っていたら、ひどいかゆみや乾燥と一生付き合っていかないといけない…。毎日朝起きたら布団に血がついている生活を続けていかないといけない…。

 

このように、アトピーであることを理由に『綺麗な肌』になることを諦められている方はとても多いです。

 

そのような方を救うために開発された『かゆみ撃退保湿石鹸とローション』こそが、もずの魔法石鹸もずの魔法ローションなのです。

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは、今ではアトピーの方で知らない方はほとんどいないといわれているほど愛用者が多いことで知られています。

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはアトピーのかゆみをなくすために開発されただけあり『アトピーの救世主』ともいわれていて、とっても注目されている保湿石鹸と保湿ローションです。

 

そして、ついにもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの限定セットが登場されて話題になっています。

 

アトピーの救世主であるもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの限定セットが販売された聞くと、とても期待度が高まりますよね!

 

  • 肌を気にしない生活を実現したい
  • かゆみから解放されて夜ぐっすり眠りたい
  • 布団に血がつかない綺麗な肌を手に入れたい

 

このような気持ちがある方にもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはまさにピッタリです。

 

実際にもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはアトピーの方から絶大な支持を得ていますし、その効果や実感度から考えるとあなたの肌も生まれ変わることができるかもしれません!

 

>>【WEB限定割引】もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットの公式サイトはこちらです

 

もずの魔法石鹸・もずの魔法ローションセットの4つの特徴!

 

これからもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの特徴についてお伝えさせていただきますね!

特徴1.もずの石鹸とローションどちらにも含まれる『高分子フコイダン』でかゆみや乾燥から守る!

ヌメリ成分のすごさ

なんといっても、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの最大の醍醐味は『高分子フコイダンを高配合していること』です。

 

フコイダンとは、もずくや昆布、ワカメなどの褐藻類に含まれるヌルヌルとした成分のことで、ガビガビに乾燥してしまった肌も守れるほど保湿効果が高いことで知られています。

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはそのフコイダンを高分子で有用成分として配合しているのです。

 

基本的にフコイダンは抽出しても精製する過程で低分子化されてしまい、本来のヌルヌル(優れた保湿効果)はほとんど失われてしまうのですが、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションに含まれるフコイダンは高分子に保たれたものだけです。しかも沖縄産で純度が100%の自然もずくという安心面も嬉しいところ!

 

そのため、フコイダン本来のヌルヌルをアトピー特有のガサガサ肌に高分子バリアで覆うことができるので、保湿剤以上の保湿効果が発揮されるというわけです。

 

フコイダンが高分子の状態で保たれているもずの魔法石鹸やもずの魔法ローションを使った後の肌は、皮膚の上に潤った皮膚ができたと思うほど守られた感覚になるので、ぜひアトピーの乾燥やかゆみに苦しまれている方は、これまでにない究極の保湿感を味わっていただきたいです。

特徴2.自然派特有の徹底的なバリア保湿効果

もずの魔法の保湿膜チェック

ほとんどの保湿剤は、アトピー肌に塗った後に一時的にはバリアを作れたとしても、空気に長時間触れているだけでどんどん乾燥してしまうので、水分を保つことができません。

 

だから、保湿剤で肌を守れるのは一時的なのです。

 

それに対してもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは、自然派特有の高分子フコイダンの力によって、長時間空気に触れていても乾燥させずにバリアを保ち続けることができます。

 

そのため、保湿をしてから時間が経っても肌の水分が失われずにすみ、乾燥しないのはもちろん、外敵の刺激を寄せ付けすらしないので、結果的にかゆみが現れにくくなってくるのです!

特徴3.高分子フコイダンで泡立てるという新発想

もずの魔法石鹸の泡立ちチェック

アトピーだと、肌にほんの少しの摩擦を加えるだけで、それが大きな刺激となってかゆみにつながってしまいます。

 

そのため、石鹸で全身を洗うときは、ある程度の泡立ちをつくることが必要になるのですが、基本的に泡立ちを良くするためには界面活性剤の配合が必要になります。

 

界面活性剤とは、無理やり水と油をなじむようにする化学物質のことで、それを石鹸に含めれば確かに泡立ちは良くしてくれますが、その代わりに肌への刺激がとても強いため、アトピーとは非常に相性が悪い特徴もあります。

 

ただ、泡立ちを良くするためには必要なので、ほとんどの石鹸に界面活性剤は含まれているのが実際のところです。よくスーパーなどで販売されている低刺激系の石鹸にも界面活性剤は含まれていることがほとんどです。

 

それに対してもずの魔法石鹸は、その界面活性剤を配合していません。なぜなら、もずの魔法石鹸は高分子フコイダンで泡立ちを作ることができるから!

 

『高分子フコイダン=高保湿』。つまり、もずの魔法石鹸なら体を洗うこと自体がアトピー肌への保湿になるのです。

 

もずの魔法石鹸は、界面活性剤ではなく高分子フコイダンで保湿泡をつくるという新発想によって、肌に摩擦を与えないどころか、汚れを落としながら保湿ができるというアトピーの改善には欠かせないアプローチができる石鹸なのです!

特徴4.8つのフリーでアトピー肌にも安心安全!

もずの魔法セットに含まれる添加物チェック

アトピーと添加物は非常に相性が悪いです。

 

ほんの少しの添加物が肌に触れるだけでも、それが刺激となってしまい、かゆみや症状が悪化するリスクがあるからです…。

 

そんな中、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは以下の8つの添加物を全て無添加で作られています。

 

  1. 石油系界面活性剤
  2. 鉱物油
  3. シリコン
  4. パラベン
  5. エタノール
  6. 着色料
  7. 香料
  8. 動物由来原料

 

アトピー肌のかゆみを抑えて、症状を良くしていくためには『これくらいなら含んでいても大丈夫』という妥協をなくすことが何より重要になります。

 

ほんの少しの油断が、大きなアトピー悪化につながってしまうからです…。

 

その点、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは『アトピーのために一切妥協しない』というこだわりを貫いてくれているので、本当にありがたいですね!

よくあるご質問.もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはセットで使わないといけないの?

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはセットで使わないといけないの?と思われる方は多いですし、実際に自己判断でどちらかしか使われていない方もいます。

 

もちろん、どちらかしか使っていないからといって逆効果になることはないのですが、やっぱりもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはセットで使うほうがはるかに大きな変化が期待できます。

 

その理由は、お風呂とお風呂上がりというアトピーのゴールデンタイムで徹底的に肌を保湿して守ることができるからです。

 

たとえば、お風呂ではお肌に優しい洗い方がしっかりとできていたとしても、お風呂上がりの保湿をおろそかにしていたらアトピーは悪化してしまいます。逆のケースも同様です。お風呂でお肌に悪い洗い方をしていた場合は、お風呂上がりにどれだけしっかりと保湿をしたとしても乾燥から守ることはできません。

 

お風呂(体を洗うこと)とお風呂上がりは、どちらもお肌が非常に乾燥しやすい状況だからこそ、とにかく保湿にこだわることが大事なのです。

 

それに対してもずの魔法セットなら、お風呂ではもずの魔法石鹸で肌の水分を保ちながら汚れだけをしっかりと落とすことができて、お風呂から上がったときにはもずの魔法ローションでかゆみのでない高保湿をしてお肌を徹底的に守ることができます。

 

このように徹底した防御によって、アトピーのかゆみの原因になりやすいお風呂とお風呂上がりを悪化側ではなく改善側へと向かせられるのです!

 

ですので、絶対そうしないといけないとは言いませんが、できればもずの魔法は石鹸ともずの魔法ローションはセットで使っていくようにしてくださいね!

 

 

>>【WEB限定割引中】もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットの公式サイトはこちらです

 

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの口コミと私が使った感想

口コミの評価

みなさんの口コミ!アトピーの方から大絶賛の声

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの使用者の口コミをまとめてみました!

 

やはり、アトピーの方からは大絶賛ともいえる声が相次いでいます。

もずの魔法石鹸の良い口コミ

元々アトピーがあるので、使うのが楽しみでした。
とにかく、泡立ちが良くて極めの細かい泡なので、洗うとお肌がモチモチします。
私はお顔だけでなくボディを洗っていますが、身体の方がシットリ感を感じる事が出来るので、ボディ用石鹸として重宝しています。
ローションも一緒に使うと、とても安価でしっとり効果の高い商品だと思います。お肌が弱い方に、特にオススメかと思います。(40代の方)

 

アトピー肌の私でも安心して使えました。
泡のもっちり感ときめ細かいとこがすごく気に入っています。
泡が気持ちいいんですよね♪
使った後は、突っ張らずしっとり♪
もちろん、肌トラブルはなし!
脂性でもあるんですが、過剰な潤いがないのでしっとりしつつさっぱりした洗い上がりに大満足です。
肌に優しい物を探してる人にオススメです。(30代の方)

 

モコモコした濃厚な泡なんで顔に乗せると気持ちいいです!
流した後も汚れは綺麗に落ちてつるつるになります。でもつっぱったりしないから肌に負担がかからない感じでいいと思います。
固めの石鹸なんでネットで軽くこするだけで泡が出来るのでコスパもいいと思います★(10代の方)

 

最近はこの石けん1つで、フェイス&ボディに使用中です。
フェイスにはもちろんのこと、ボディにもモコモコに一緒についていた泡立てネットで泡を作って、肌の上に滑らせて・・♪
不思議とさっぱり感はありますが、つっぱりません。
気持ち、肌に透明感が増したような気もします。
それはフェイスにすると、とてもよくわかる!
フェイスは完全に透明感が出ていましたよ!!
毛穴の汚れをしっかり取ってくれているんでしょうね~。
泡も弾力があり、「洗ってる~」感がとても良いです。
まだ使い始めて1週間くらいなので、コスパの判断はむずかしいのですが、
1週間石けんの無くなり具合を見ていて、溶けにくいな~とも感じているので、リピしようと思っています。(30代の方)

 

正直、使い始めは、とても魅力を感じる!て程のものではなかったのですが、肌に合わなくもなさそうだったので続けてみることにしたら、肌荒れも治まり、肌もだいぶ潤うようになったと思います。
続けて使ってみるもんだなあと思いました。(30代の方)

 

久し振りに固形石鹸を使いましたが、固形石鹸特有のキュッとした洗い上がりなのに、突っ張りすぎることがなく気持よく洗えました。
泡切れが良いので朝の忙しい時間に使ってもイライラしません。
全身洗えるし、0歳から使えるということなので、1個あると重宝する石鹸だと思います。(40代の方)

 

泡立ちは良くて、泡切れも良かったと思います。
泡がきめ細かいです。
石鹸の保湿力って侮ってましたが、重要なんですネ!
泡立ちが良くて洗いすぎないところが丁度良かったです。(40代の方)

 


石鹸の泡を持つ女性

もずの魔法石鹸の口コミを見ていてとくに感じたのは以下の3つです。

 

  • 1つ目.アトピーで肌が弱くても安心して全身を洗えること
  • 2つ目.洗いながら保湿されるから肌が乾燥せず(つっぱらず)かゆみが自然とおさまっていくこと
  • 3つ目.かゆみがおさまるから、症状も徐々に良くなっていくこと

 

もちろん、ひとことアトピーといっても人によって個人差や合う合わないは絶対にあるので、誰でも大きな変化を感じられるとはいえませんが、少なくともアトピーのかゆみや症状のおさまりが期待できるのはたしかなので、そこはとても嬉しいことですね!

もずの魔法ローションの良い口コミ

アトピー肌で化粧水でも荒れてしまう私が唯一普通に使える化粧水です。
もう、4〜5年のお付き合いです。
荒れてる時にもしみずに使えます。
冬はさっぱりタイプは乾燥しますが、しっとりタイプだったら乾燥防げます。夏にはしっとりタイプはべとつきが気になるのでさっぱりタイプを使って季節で使い分けてます。
肌が荒れやすい方にはオススメです。(20代の方)

 

これは、超乾燥肌の人に是非使っていただきたいですね。
逆に、そうでない人には全くオススメ出来ません(笑)(30代の方)

 

とろみのあるテクスチャーで、見た感じから潤う気分になりますが、
実際も肌がしっとりして、刺激もありません。
私はこれだけでは足りないので、普通の化粧水と同じように使用しています。
乾燥から来るかゆみの出た部分等に、ゆっくりとなじませると、少しかゆみが収まる気がします。
ただ、ちゃんとなじませないと、人によってはべたつきからかゆみがでることがあるので、注意が必要かと思います。(30代の方)

 

石鹸とコンビで使用中。
すっごくイイです。
アトピーが、悪化しているので他の化粧水・クリームが痛くて沁みるので使用出来ないのに、
コレは、使えます。
おまけに、ステロイドより効くかも~♪
すごく良くなりました。
私的には、しっとりタイプが好みです。
さっぱりタイプはうるおい感が足りない。
ねっとりしたローションが、潤いをキープしてくれます。
ボディにも使ってるので、大きいタイプで2カ月もつので、コスパも中々。
ボトルタイプなので、使い勝手もイイ。
夏場は、コレだけで乾燥知らず!(30代の方)

 

どんな薬用クリームも効かなかったのですが、このローションを使用したところ、手に小さな水泡のようにたくさんできていた手湿疹が一晩で無くなりました。
まだ使い始めて、間が無いため、二の腕など皮膚の表面は、ザラザラしたところがありますが、しっとりしてかゆみが消えました。(50代の方)

 

お風呂上りに塗って10日ぐらいするとすっかりかゆみがなくなりました。アトピーの人向けということだけあって本当にしっとりして余計なものが入っていないという感じ。とろーーりしていてちょっとべたつきますが、保湿力は抜群。粉を吹いていた顔も朝はしっとり。乾燥肌の私には合います。体中に使っています。(50代の方)

 

ベールが2重に覆われている感じがして、静電気が起きたときなどの予防にもなりそうです。入浴後、よく足が乾燥するので、このしっとりタイプが大活躍。以前は痒みもありましたが、入浴直後に付けるととてもしっとりして、乾燥も痒みも気にならなくなりました。
肌のほうれい線にもつけていますが、最近ハリが出てきたような気がします。目の下のクマもしっとりタイプを使用するとこちらもハリが出てきたように感じました。使用するのが楽しみになっています。(40代の方)

 


保湿する女性

もずの魔法ローションはアトピーとの相性が抜群の保湿剤というだけあって、保湿力がこれまで使っていたの保湿剤と明らかに違うと感じられている方がとても多かったです。

 

  • これまでは何を使っても保湿感が足りなかったのに、もずの魔法ローションならしっかりと保湿された
  • しっかりと肌になじむからかゆみが少しおさまる
  • ステロイドよりも良い…?

 

もずの魔法ローションは保湿でかゆみをおさえることにこだわっているだけあり、他の保湿剤よりもアトピー肌にとくに馴染みやすいという特徴があります。そのため、肌に塗るだけでベールに包まれたような感覚になり、かゆみが少しおさまることが多いです。

 

ただ、さすがにステロイドよりも効くということはありえません…。

 

正直、ステロイドよりもかゆみがおさまるなどといった口コミをされている方は多数いましたが、はっきり申し上げると、なにより早くアトピーのかゆみをおさえる塗り物として最強なのは間違いなくステロイドです。

 

そもそももずの魔法ローションは薬ではないので、即効性は期待できません。

 

ただ、申し上げた通り、もずの魔法ローションはアトピー肌との相性が抜群に良いだけあって、肌にしっかりと馴染んでかゆみが起きにくくなることは事実です。

 

ですので、副作用が怖いからステロイドは使用したくないけれど、できるだけ早くアトピーのかゆみを抑えたい方にはもずの魔法ローションはぴったりです!

もずの魔法石鹸の悪い口コミ

泡の感触はもっちり生クリームのようにとても気持ちよかったのですが洗いあがりはすぐに乾燥しつっぱった感じがします。5日くらい使っていますが、顔が荒れてしまいました。体は問題ないので今後は体だけに使おうと思います。

 

もこもこな泡が作れる以外は何が違うか良く分からない。
洗顔後、多少はツッパリました^^;

 

刺激は少なく頬などの乾燥は減った気はするのですが、私には皆さんが絶賛するほどのの感動はありませんでした。

 

もくもくとしっかりした泡がたっぷりとできます。
でも、私が期待するようなもっちり感はあまりなくて残念。
洗い上がりもわりとアッサリしています。
フコイダンが入っているので、いい意味で膜が張るくらいのしっとり感を想像していました。
悪くはないけど、これでなくては!とまでは思えませんでした。

 

ピリピリもしないですが、洗顔後に少し肌が突っ張るのが気になりました

 


疑問を感じる女性

 

もずの魔法石鹸は高分子のフコイダンを含んでおり、石鹸にも関わらず洗い上がりに高い保湿感を感じられるところが大きな特徴です。

 

わたくしかゆみ撃退王もアトピーなのですが、もずの魔法石鹸で全身を洗った後は「この後保湿しなくても良いのでは?」と思えるほどです。

 

ですが、人によってはもずの魔法石鹸を使っても期待しているほどの保湿感は実感できなかったという方や、中には多少は乾燥したという口コミをされている方もいました。

 

同じアトピーでも肌質は人それぞれなので合う合わないはあって当然なのですが、もずの魔法石鹸で肌荒れするのはなんだか不思議に思っちゃいます…。

もずの魔法ローションの悪い口コミ

乾燥肌なのでしっとりタイプを選んだのですが、顔につけるとベタベタして化粧のりが悪くなります。

 

付け心地は好き嫌いあるだろうなぁというのが第一印象でした。
普段つけている化粧水の感覚でつけてしまうとかなりベタベタします。
保湿力はすごく高いので後からクリームをほんの少しつけるくらいで十分でした。

 

ペッタンペッタンするなー。。。乾燥肌ですが、この感じは好みじゃない!

 

アトピーに効くと書いてあったのですが、イマイチ?でした。
しっとりというよりは、ベタつくに近かった気がします。
でも、そのくらいが保湿効果があるのかもしれないですね。

 

保湿力は気に入りましたが、使用感がちょっと、、、でした。

 


 

保湿した後の肌を触る女性

もずの魔法ローションしっとりタイプの悪い口コミもまとめてみました。

 

もずの魔法ローションの悪い口コミは、見ていて「やっぱりこう感じる方もいるよね」と思ったのが本音です。

 

その理由は、もずの魔法ローションは高分子フコイダンが高配合されている分、肌へのベタつきが強いからです。

 

もずの魔法ローションは、とにかく『保湿力と保湿持続力の高さ』を重視してつくられています。しっかりと保湿をしてそれを持続することでかゆみはおさまりやすいからです。

 

ただ、その『かゆみをおさえるためのベタつき』が人によっては使用感が悪いと感じてしまうのです。あなたもこれまで使用感が水に近い保湿ローションを使われていたのであれば、もずの魔法ローションのベタベタ具合に初めは驚かれると思います。

 

保湿のベタつきが好きという場合はもずの魔法ローションは本当に言うことなしなのですが、その使用感が嫌いな場合は慣れるまでに数日は必要になるかもしれないと思っていました。

 

その使用感がまさに、もずの魔法ローションでとくに多かった悪い口コミですね。

 

 

>>【今だけ割引中】もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットの公式サイトはこちらです

 

 

もずの魔法ローションには『さっぱり』『しっとり』『こってり』の3種類があります

もずの魔法石鹸は1種類なのですが、もずの魔法ローションには『さっぱりタイプ』と『しっとりタイプ』と『こってりタイプ』の3種類があります。

 

全て高分子フコイダンでアトピー肌に高保湿をするという基本的なアプローチ方法は同じなのですが、大きく違うのは『肌に塗った後のベタつき感と保湿力と保湿持続力』です。

もずの魔法ローションの『さっぱりタイプ』

もずの魔法ローションさっぱりタイプ

私はこの3種類全て使ったことがあるのですが、簡単にいったら『さっぱりタイプ』は比較的水に近い形状で、肌に塗った後もベタつき感はほとんどなく、とてもさらっとしている液体といった感じです。化粧水を塗っているだけという表現が近いですね。

 

ただ、アトピー肌に『さっぱりタイプ』は保湿力が不十分だと感じます。あなたもアトピーを持たれているのであれば『さっぱりタイプ』は保湿力が足らないと思われるはずです。

 

かなり軽度のアトピー(一応アトピーは持っているけれどほぼ症状もかゆみもないレベル)なのであれば『さっぱりタイプ』がちょうど良いかもしれませんが、少しでもカサカサしているのであれば『さっぱりタイプ』を選ぶのは避けましょう。

もずの魔法ローションの『こってりタイプ』

もずの魔法ローションこってりタイプ

もずの魔法ローションの『こってりタイプ』は『さっぱりタイプ』とは対照的に、とにかくベタベタ!

 

ベタベタな保湿感が好きな私でも「ちょっとこれは…」と思ってしまうほどにベタつき感が強いです…。ただ、保湿の際はベタつき感をなにより重視される方も少なくないので『こってりタイプ』の塗り心地は、ひとつの特徴として捉えておくのが正しいと思います。

 

とはいっても、もずの魔法ローションの『こってりタイプ』はとにかく厚いバリアを肌につくるので、どうしても熱がこもってムズムズとかゆくなりやすいデメリットがあります。

 

水分を逃さない力は優れていますが、保湿力が高すぎてかゆみにつながることがあるのです…。

 

ただ、アトピーだけど肌に熱がこもってもかゆみが起きない方もいます。

 

ですので、熱がこもっても肌がかゆくならない、かつとにかくベタベタな保湿が好きな場合は『こってりタイプ』がとてもおすすめです(これに当てはまる方は少ないと思いますが…)。

もずの魔法ローションの『しっとりタイプ』

もずの魔法ローションしっとりタイプ

もずの魔法ローションの『しっとりタイプ』は『さっぱりタイプ』と『こってりタイプ』の中間といった感じです。

 

ただ、もずの魔法ローションの『しっとりタイプ』は、熱がこもるほどバリアが厚くないにも関わらず『こってりタイプ』級の高い保湿力を誇っています。

 

『さっぱりタイプ』と『しっとりタイプ』と『こってりタイプ』をまとめると以下のようになります。

 

さっぱりタイプ しっとりタイプ こってりタイプ
ベタつき感 ほぼ無し
熱のこもり具合 ほぼ無し
保湿力
保湿持続力

 

わたくしかゆみ撃退王的には、全体的にバランスがとれていてスペックも一番高い『しっとりタイプ』がおすすめです。

 

もずの魔法ローションの『しっとりタイプ』は、アトピー肌のかゆみを起こさないための高保湿力や保湿持続力がありながらも熱はこもりすぎないなど、上手くバランスが取れているので、重症の方にも軽傷の方にもおすすめできる高保湿ローションだと感じました。

 

『しっとりタイプ』も『こってりタイプ』ほどではないもののベタつき感はあるので最初は使いにくく感じられるかもしれませんが、本気でアトピーのかゆみをおさえるためにも頑張って慣れていただきたいのが本音のところです!

 

私、かゆみ撃退王のもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションレビュー検証!

かゆみ撃退王がもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションを実際に使ってみた画像とあわせてレビュー検証させていただきたいと思います!

 

こちらがもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットの到着時点。ようするに開封する前の箱ですね。それでは開封していきます!

もずの魔法石鹸・ローションが入ってる段ボール

 

この記事の冒頭でも載せさせていただいておりますが、こちらがダンボールの箱の中に入っていたもの全てです。たまに、本品以外にやたらとチラシが多く入っていてちょっと面倒臭い…というものもありますが、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットは、宣伝チラシがほとんど入っていなかったのでそこも好印象でした。

もずの魔法石鹸・ローションセット開封

 

そしてこちらがもずの魔法石鹸が入っている箱です。箱を開封して実際にもずの魔法石鹸を見ていきます。

もずの魔法石鹸の箱

 

こちらがもずの魔法石鹸です!見ての通り、色は結構茶色に近いです。この中にアトピーに良いとされる成分が詰め込まれていると思うと…もう綺麗な肌はすぐそばです。

もずの魔法石鹸

 

そしてこちらがもずの魔法ローションのしっとりタイプです。もずの魔法ローションのしっとりタイプとさっぱりタイプとこってりタイプの容器の見た目はほとんど同じなのですが、液体の形状は全然違います。ということで、もずの魔法ローションしっとりタイプの液体の形状を見ていきましょう。

もずの魔法ローション

 

これがもずの魔法ローションの液体の形状です。画像でどこまで伝わるかわかりませんが、トロッとした液体という表現が近いです。水よりかは明らかにトロトロしていますが、軟膏ほどベッタリもしていません。

もずの魔法ローションの液体

 

使った感想:アトピーの方はぜひ『これまでにない保湿感』を体験していただきたい!

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは、アトピーの方のために開発されただけあり、まさしく保湿力と保湿持続力が素晴らしかったです。

 

『肌の水分を蒸発させないようにアトピー専用バリアで潤いを残す』という表現が非常に近いと思います。

 

お風呂上がりにもずの魔法ローションを塗ると、翌朝起きてもヌルヌルとした保湿感がしっかりと肌に残っています。ほとんどの保湿剤はアトピー肌の保湿持続力が足りないため、朝起きたら保湿作用はなくなってしまっているのですが、もずの魔法ローションはそれらとは比較にならない保湿力と保湿持続力があるので、布団で寝ている間もずっと潤いを保ってかゆみから守ってくれるのです。

 

あと、わたしがとても感動したのが、もずの魔法石鹸で全身を洗った後の『魔法にかかったような保湿感』です!

 

もずの魔法石鹸はとにかく泡立ちは良いから洗いやすいし、洗っているときの刺激も一切ないし(むしろ、肌を守ってくれている感覚がある)、なにより洗い上がりは洗う前よりも肌がしっとりしている…。まさに魔法にかかったような保湿感!

 

わたしはこのサイトを通じてあらゆるアトピーに良いとされている商品をレビューしていく身なので、もずの魔法石鹸やもずの魔法ローション以外にもどんどん他のものを使っていくのですが、正直アトピーの方は保湿面のかゆみは本当にもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションだけで本気で落ち着いて次第に症状も良くなっていくんじゃないか…?と思うほどでした。

 

やっぱりアトピーの肌のことを考えて作られたもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは他の中途半端なものとは全然違いますね!

 

 

>>もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットのWEB限定割引サイトはこちらです

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの成分からわかる副作用リスクの有無

 

背中の肌

副作用が起きたり逆効果になるリスクはない?

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはアトピーの方向けに開発されたとはいっても、やっぱり気になるのが副作用のリスク…。

 

実際のところ、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションを使っていて副作用が起こるリスクはあるのでしょうか。

 

これに関してですが、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションどちらもどれだけ長く使っても副作用が引き起こされるリスクはないので安心してください。

 

その理由はただひとつ、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションどちらもアトピー肌に安心安全な成分しか配合されていないからです!

 

わたしも昔は本当にひどいアトピーだった(おそらくこの記事を読まれている方々よりもひどい状態でした)のでわかるのですが『乾燥肌でも安心して使えます!』というように表記して宣伝している石鹸や保湿ローションでも、実際に使ってみると刺激があったりピリピリしたりすることが多いですよね…。

 

ですが、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは、むしろ逆に「ここまで刺激を感じずに保湿ができていいの!?」って思うくらいに肌に優しいのが大きな特徴です。

 

しかも、何度もいいますがアトピーのために開発されただけあって、アトピー肌ととくに相性が良くかゆみも落ち着きやすいのは他には変えられないメリットです。

 

まさにアトピーのための石鹸と保湿ローションですね!

配合成分を全部調べちゃいました!

読書で調べ物をする男性

どれだけもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションがアトピーへの副作用リスクがないといっても、やっぱり心配なものは心配ですよね。

 

そこで、百聞は一見に如かず!ということで、思い切ってもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの配合成分を全て調べてまとめました!

 

読むのが面倒という場合は流し読みしてもらって全然構わないですが、興味がある方はぜひ本当に副作用のリスクがないことをおわかりいただいた上で安心してお使いいただくためにも一度読んでみてくださいね!

 

以下が、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの全成分のはたらきです!

もずの魔法石鹸の全成分

カリ含有石鹸素地、パーム核脂肪酸、ハチミツ、オリーブ油、水、褐藻エキス、パーム脂肪酸、エチドロン酸4Na、BG、酸化鉄、グリチルリチン酸2K、ラベンダー花エキス、 コンフリー葉エキス、カミツレ花エキス、アルテア根エキス、ゴボウ根エキス、セージ葉エキス、ボタンエキス、ローズマリー葉エキス、フユボダイジュ花エキス、 ポリグルタミン酸、ユズ果実エキス、グリセリン、グルコン酸Na

 

  • カリ含有石鹸素地

主に石鹸や洗顔フォームなどの洗顔料に使われる成分です。

 

カリ含有石鹸素地は使用歴が非常に古く、毒性や皮膚への刺激性も一切なく、アレルギーの報告もありません。そのため、安全性の高い成分といわれています。

 

  • パーム核脂肪酸

カリ含有石鹸素地の補助剤として、泡の安定性や泡立ちやすさや洗浄性を高める成分です。皮膚への刺激を緩和する効果もあることで知られています。

 

  • ハチミツ

あのハチミツです。

 

ハチミツは食べるものだと思われている方が多いですが、実は美容にとても良い効果があることで知られています。

 

具体的には、ハチミツには以下の4つの効果があるといわれています。

  1. 高保湿効果
  2. 殺菌効果
  3. 抗菌効果
  4. 消炎効果

 

ハチミツは肌に塗るだけで、内部へとぐんぐん浸透して潤いを与える力があります。

 

しかも、ハチミツは肌の奥で水分を保つ力も優れているので、常に乾燥しやすいアトピー肌の潤いを保つためにとても良い効果が期待できます。

 

また、肌の免疫機能を正常に保って状態を健康的する力もあります。

 

さらには、ハチミツには活性酸素のはたらきを抑える力も持っており、老け肌に期待できるのも嬉しいところ!

 

さらにはさらには、ハチミツは毒性が一切ないにも関わらず、傷の治りを早める殺菌作用を持っているのもアトピーの方にはおすすめなところです!

 

ハチミツはクレオパトラも使っていたといわれているほどですので、本当に普段使う石鹸や保湿ローションに『含んでいてほしい成分』です。

 

ちなみに、ハチミツの殺菌作用は天然のもので、ニキビの原因であるアクネ菌を撃退する力も優れているので、アトピーに加えてニキビに悩まれているならさらにおすすめです。

 

  • オリーブ油

オリーブ油も美容に非常に注目されている成分です。保湿力や肌荒れを防止する力が非常に優れています。

 

人の肌の皮脂と作りが似ているため肌馴染みが非常に良く、皮膚の角質層にまでしっかりと浸透して内側から潤いを作り出す力を持っています。

 

新陳代謝を活性化させて、キメの整った肌を作り出す力も持っているので、アトピーで肌がゴワゴワしている方にとくにおすすめです。

 

また、オリーブ油を肌に与えた後に保湿ローションを塗ることで、その水分をさらに肌に与えられる効果も期待できる優れものです。

 

あの水ですね。水はあらゆる化粧品に配合されていますが、もずの魔法石鹸も同様に必要な量だけを含めています。安全性はいうまでもなく高いです。

 

  • 褐藻エキス

高分子フコイダンです。アトピー肌を根本から守ってくれるヌルヌル保湿成分です。褐藻エキスはもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの代名詞といってもいいと思います。

 

褐藻エキスはヒアルロン酸と同等の高い保湿力を持っているほか、皮膚の柔軟力や皮膚を再生する作用も持っているので、アトピー肌のかゆみや症状の緩和にとてもおすすめな成分です。

 

この記事の冒頭でお伝えさせてもらっていますが、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションに含まれる褐藻エキスは高分子フコイダンで一般に含まれるものよりも有用性が高く、よりアトピーに期待できるのが特徴です。

 

  • パーム脂肪酸

肌に使用することで保湿効果があり、老化防止にも役立つ成分です。

 

試験結果で膚刺激性および皮膚感作性(アレルギーのリスク)なしと結論づけられており、安心して肌に使えるのも嬉しいところです。

 

  • エチドロン酸4Na

水に含まれるカルシウムやイオンや鉄イオンを封鎖して、それらによる障害をなくすための成分です。キレート剤ともいわれます。

 

水にカルシウムやイオンや鉄イオンが多量に存在すると石鹸が泡立たなくなり、洗浄力も極端に低下してしまうのでそれを防ぐために含まれています。

 

なんだか怖い成分だと思われたかもしれませんが、皮膚への刺激や毒性はほとんどありませんので安心してください。

 

  • BG

保湿剤です。吸湿性と保水性があり、水とよく馴染むので皮膚の角質層に潤いを与えてくれる成分です。

 

抗菌効果があるだけでなく防腐効果を高める力も持っているのが大きな特徴です。

 

安全性が高くて使用感も良い成分なので、石鹸だけではなくローションやクリームや乳液などの保湿剤にもよく使われている成分です。

 

  • 酸化鉄

天然の顔料成分です。毒性はなく、アレルギーの報告もないので安全性が高いのが特徴です。

 

「鉄を顔や体に塗っても大丈夫なの?」とご心配される方も多いのですが、無機質で肌につけても悪さをすることはない成分なので安心してくださいね。

 

  • グリチルリチン酸2K

抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)と抗アレルギー作用を持つ成分です。肌への刺激が少なく安全性が高いにも関わらず、抗炎症作用が優れている特徴を持つので、アトピーなど荒れがちな肌にとても支持されている成分です。

 

ニキビとの相性も良いので、アトピーだけでなくニキビ肌に悩まれている方にはとてもおすすめできる成分です。

 

  • ラベンダー花エキス

抗菌作用や抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)がある成分です。香りも良いのでリラックス効果も期待できる成分です。

 

天然の成分なので肌への刺激も少なくアトピー肌への安全性も高いです。

 

  • コンフリー葉エキス

抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)、抗菌作用、抗アレルギー作用がある成分です。安全性も高いです。

 

これらの作用以外にも保湿作用や収れん作用(肌を引き締める作用)もあり、アトピー肌のガサガサから守ってくれる嬉しいはたらきがあるのも特徴です。

 

炎症を抑える効果も持っているので、アトピーに良いとされる保湿化粧品はもちろん、日焼け止めやニキビケア系の商品にもよく配合されている成分です。

 

  • カミツレ花エキス

抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)、高保湿作用、収れん作用(肌を引き締める作用)、皮膚代謝促進作用、血行促進作用がある成分です。色素沈着を抑制するはたらきもあるので、アトピーのかきむしり跡ができてしまっている方にはとてもおすすめです。

 

薬用植物なので安全性も非常に高く、副作用の心配もほとんどありません。肌への刺激もありません。ヨーロッパでは風邪をひくとカミツレを飲む習慣があるほどです。

 

  • アルテア根エキス

保湿効果が非常に高い成分です。収れん作用(肌を引き締める作用)も持っています。

 

保湿作用や収れん作用以外にも、皮膚柔軟化作用や刺激緩和作用、消炎作用も優れているので、アトピーの方にはとくにおすすめな成分です。

 

毒性はなく、皮膚への刺激もありません。アレルギー反応の報告もないので、安全性はとても高いといえる成分です。

 

  • ゴボウ根エキス

保湿作用や収れん作用、血行促進作用のある成分です。乾燥した肌に潤いを持たせ、皮膚疾患の改善に効果が期待できる力を持っているのが特徴の成分です。

 

植物からできたエキスのため、皮膚への刺激も毒性もなく安全性は非常に高いです。

 

  • セージ葉エキス

抗菌作用、抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)、抗酸化作用、収れん作用(肌を引き締める作用)、血行促進作用のある成分です。ホルモンバランスを整える作用もあるのが特徴の成分です。

 

これらの作用以外に浄化作用もあり、外からの皮膚への刺激や皮脂の過剰分泌の原因になる菌類の増殖を防いだり、肌荒れを防ぐ力も持っています。

 

アンチエイジング系の化粧品にもよく配合されています。

 

植物から抽出した成分なので毒性はなく安全性もとても高いです。

 

  • ボタンエキス

抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)に優れた成分です。その他にも血行促進作用や抗アレルギー作用、抗酸化作用も持っています。美白効果も期待でき、トラブル肌の改善に有効なのが特徴です。

 

肌荒れやアンチエイジングに活躍することから、多くの化粧品に配合されています。

 

色素沈着の抑制も期待できるので、アトピーの方にとてもおすすめな成分です。

 

植物由来成分で毒性はなく副作用の報告もないので、安全性が高い上にアトピーに良いはたらきをしてくれるのが嬉しいポイントです。

 

  • ローズマリー葉エキス

抗酸化作用、抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)、抗菌作用、血流促進作用、メラニン生成抑制作用などがある成分です。

 

ローズマリー葉エキスはシソ科植物になるのですが、その中でもとくに抗酸化作用が優れていることが特徴です。

 

さらにローズマリー葉エキスは荒れた肌への作用も優れており、皮膚をみずみずしく整える力を持っているので、アトピーの方にとてもおすすめな成分のひとつです。

 

最新の研究でローズマリー葉エキスにはヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドを生成する力を高める効果があることが判明したほどです。若返りのハーブともいわれています。

 

毒性はなくアレルギー報告もありません。肌への刺激もないので安全性は極めて高い成分です。

 

  • フユボダイジュ花エキス

保湿作用、抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)、抗酸化作用、収れん作用(肌を引き締める作用)、消炎作用のある成分です。アンチエイジングが期待できる天然素材として、アトピーに限らず多くの化粧品に使われている成分です。

 

ハーブティーとして飲むこともできるほど安全性が高いのも特徴です。もちろん、副作用の報告もありません。

 

  • ポリグルタミン酸

保湿成分です。ただ、ポリグルタミン酸はただの保湿成分ではなく、肌がうるおいを保つ力を根本から高める効果を持っていることで非常に注目されています。

 

肌本来が持っている保湿力やバリア機能を取り戻してくれるということですね。

 

とくにアトピーの方は肌の水分量が足りていないことが乾燥やかゆみの大きな原因になっているので、肌本来の保水力を内部から高めることはとても重要になります。

 

極端な話、肌本来の保水力が高まったら保湿をしなくても良くなるのでアトピーの方には本当におすすめな成分になります。

 

また、ポリグルタミン酸は肌への栄養源になるので、安全性にとても優れているところも嬉しいポイントです。

 

副作用もなく、厚生労働省が安全性を認めているほどです。

 

  • ユズ果実エキス

ヒト型セラミドに最も近い植物系のセラミドを含んでいる成分で、高い保湿作用やバリア機能のサポート効果を持っています。

 

皮膚の角質層に水分を蓄える力が優れており、ひび割れに有効的なのも特徴です。

 

とにかく保湿効果が高いので、アトピーで乱れがちなバリア機能や肌のターンオーバーの正常化を助ける力があり、ガサガサと乾燥する予防に活躍してくれます。

 

毒性はなく、肌への刺激もほとんどないのでアトピー肌に使っても安全です。副作用の報告もありません。

 

  • グリセリン

保湿成分です。肌を柔らかくする作用や皮膚の水分蒸発による肌の乾燥を抑えて保護する力を持っている成分です。

 

グリセリンは保湿以外にもあらゆる用途がありますが、石鹸や化粧品などの場合は保湿剤として使われることが多いです。

 

毒性も害もなく安全性が高いため、化粧品や医薬品に幅広く使われています。

 

とくに保湿を目的とした化粧品には当たり前のように配合されているほど有名な成分です。

 

ただ、グリセリンは粘性があるので、配合量を多くしすぎるとベタベタ感が増してしまう特徴があります。

 

  • グルコン酸Na

キレート剤です。前述していますが、キレート剤とは、石鹸の気泡力や洗浄力の低下の原因となる水に含まれるカルシウムやイオンや鉄イオンを封鎖するためのものです。

 

皮膚への刺激もアレルギーの報告もなく安全性は高いです。

もずの魔法ローションしっとりタイプの全成分

水、グリセリン、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、カミツレ水、ラベンダー水、加水分解水添デンプン、プロパンジオール、ベタイン、褐藻エキス、ラフィノース、ローカストビーンガム、キサタンガム、イザヨイバラエキス、ベニバナ花エキス、デキストリン

 

水です。もずの魔法ローションも必要な量の水を配合しています。当然ながら安全性はとても高いです。

 

  • グリセリン

詳細はもずの魔法石鹸の成分のところで前述していますが、肌の柔軟性を高めたり、皮膚の水分蒸発を抑えてくれる保湿成分です。

 

安全性は非常に高いです。

 

  • ペンチレングリコール

抗菌効果も期待できる保湿成分です。水分を包み込むはたらきを持っているのが特徴の成分です。

 

皮膚への刺激も毒性もほとんどなく、アレルギーの報告もありません。安全性は高いです。

 

ペンチレングリコールは安全性が高い上に抗菌性があるので、防腐剤を含みたくない化粧品などに配合されることが多いです。

 

  • グリコシルトレハロース

炎症や肌荒れを抑える力を持つ天然の保湿成分です。高い水分保持力のある保湿をできるのが特徴です。皮膚の再生力や修復力を高める力もあるといわれている成分です。

 

さらには肌にバリアを作る力も持っているので、紫外線によるダメージから守ってくれます。細胞活性化が期待できる力も持っているほどです。

 

毒性はなく皮膚への刺激もありません。アレルギー報告もないので安全性は高いといえます。

 

  • カミツレ水

抗炎症への作用、抗菌作用を持つ成分です。皮膚の収れん作用(肌を引き締める作用)、軟化作用(皮膚を柔らかくする作用)もあります。

 

消炎作用や鎮静作用もあるので、荒れた肌を落ち着かせてくれる効果が期待できるのも嬉しいところです。

 

またカミツレ水は保湿効果もあるため、抗アレルギー作用やかゆみを抑制する力も期待できるのが特徴です。

 

  • ラベンダー水

皮膚修復作用、鎮静作用、鎮痙作用、鎮痛作用、抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)など様々な力を持つ成分です。

 

細胞を新しく生まれ変わらせようとする力や皮脂分泌のバランスを整える力もあることで知られており、肌との相性が良いのも特徴の成分です。

 

火傷や日焼け、湿疹やおできなどの改善力があるともいわれています。

 

また、アトピーにラベンダーの花水をスプレーすると肌のかゆみがおさまったという事例もあるほどで、とてもおすすめできる成分です。

 

実際にアトピー肌のかゆみ止めのためにラベンダー水を使われている方もいます。

 

毒性も皮膚への刺激もありません。アレルギー報告もないので安全性は高いといえます。

 

  • 加水分解水添(かすいぶんかいすいてん)デンプン

 

天然成分でありながら、非常に高い保湿力を持つ保湿成分です。水分保持力、またその持続力も高いので、肌質改善や自己治癒力が高まる期待をできるところが特徴的な成分です。

 

保湿性だけでなく抗炎症性も高いので、アトピー肌用や敏感肌用の化粧品、医薬部外品に幅広く使用されてます。

 

毒性も皮膚への刺激もなく、アレルギー報告もありません。安全性は高いといえます。

 

  • プロパンジオール

100%植物由来でありながら高い保湿力を持つ成分です。グリセリンと一緒に使用することでさらに保湿効果が高まるところが特徴的な成分です(もずの魔法ローションにはグリセリンも含まれています!)。

 

保湿作用だけでなく、抗菌作用も持っています。

 

毒性も皮膚への刺激もありません。重大なアレルギー報告もないため、安全性は高いと考えられています。

 

  • ベタイン

植物から抽出される天然アミノ酸系の保湿成分です。保湿力はグリセリン(前述)と同等かそれ以上に匹敵するといわれています。

 

皮膚への浸透性が高いことが特徴的で、乾燥状態にあるときの水分保持力はとくに優れています。そのため、荒れた肌を早く落ち着かせる力も優れています。

 

肌への柔軟性、弾力性どちらも高いので、皮膚をさらさらしっとりにしたり、なめらかな状態に導いてくれる成分です。

 

それもあり、ベタつきが少なく保湿効果が高い保湿化粧品には幅広く使われています。

 

毒性も皮膚への刺激もありません。アルギー報告もないので安全性はとても高いといえます。

 

  • 褐藻エキス

アトピーと非常に相性が良いヌルヌルの保湿成分です。もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは褐藻エキスの中でもより期待できる高分子フコイダンの褐藻エキスを配合しています。

 

詳細は前述(もずの魔法石鹸の成分一覧のところ)しています。

 

  • ラフィノース

保湿作用、バリア機能改善作用、エモリエント作用がある成分です。エモリエントとは、皮膚から水分が蒸発することを抑えてうるおいを保ち、柔らかい皮膚にすることをいいます。

 

とくに乾燥している状態の皮膚への保湿効果やバリア機能の改善力がとても優れているのが特徴的です。バリア機能の改善力が優れているだけあり、肌の水分を持続する力はとても高いです。

 

乾燥肌に強い保湿力を発揮したり、バリア機能の力を高められることから、アトピー肌への期待度はとても高まってきている成分です。

 

皮膚への刺激はほとんどなく、アレルギー報告もないため、安全性は高いといえます。

 

  • ローカストビーンガム

増粘剤です。増粘剤は、ゲルなどのとろみやかたさを高めて使用感を良くするために配合されます。

 

もずの魔法ローションでいうなら、ローションの肌への使用感を良くするためにローカストビーンガムを配合しているということですね!

 

アレルギーの報告は一切ないので、安全性の問題はほとんど心配いりません。

 

  • キサンタンガム

ローカストビーンガムと同様に増粘剤です。

 

キサンタンガムは水と混合することで粘性が出て、さらには保湿性が高まる特徴もあるので、増粘剤として幅広く使われています。

 

人体への影響は心配いらないので安心してくださいね。

 

  • イザヨイバラエキス

ビタミンCを豊富に含むだけでなく、アミノ酸やビタミンPやタンニンなども含まれている成分です。

 

ビタミンCが含まれているだけあり、保湿作用や美白作用を持っているのが特徴です。

 

そのほかにも、抗酸化作用、血流改善作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)など様々な力を持つ成分です。

 

また、紫外線のダメージを受けて死滅してしまった細胞は有害物質を放出するのですが、イザヨイバラエキスはその放出を抑制する作用も持っているので、生きた細胞が悪い影響を受けるのを防ぐ効果が期待できるのもこの成分の良いところです。

 

あと、女性ホルモン様作用(女性ホルモンに近いはたらきをする作用)も持っているので、女性にはとくに嬉しい成分です。

 

安全性も非常に高く、アトピー肌にも安心して使える成分です。

 

  • ベニバナ花エキス

血行促進作用、抗炎症作用(肌荒れの改善や傷を修復する力)、保湿作用がある成分です。

 

ベニバナ花エキスはビタミンEが豊富なので、血行促進や抗炎症作用にはとくに優れており、エイジングケアにおすすめです。

 

また、炎症を抑えるはたらきが期待できるところもこの成分の特徴です。

 

さらには、シミの原因となるメラニン産生細胞に貯め込まれているタンパク質を減少させる力があるのも特徴のひとつです。

 

そのため、シミを目立たなくしたり、肌のキメを整える力も期待できます。紫外線による皮膚の老化にも有用だといわれています。

 

安全性は高いので、安心してお使いいただけます。

 

  • デキストリン

水溶性の食物繊維(親水性増粘剤)、皮膚への吸着剤です。保湿成分の皮膚への吸着性が高まると、それだけ保湿持続力が高まるので重要な成分です。

 

この成分は、他の保湿成分と組み合わさることで保湿効果が高まるだけでなく、肌に塗ったときの感触が良くなるといわれています。

 

毒性はなく皮膚への刺激も重大なアレルギー報告もないため、安全性は高い成分だといえます。

 

 

ふぅ…。さすがに全成分をまとめるのは結構疲れました。

 

ただ、ご覧いただいたらお分かりだと思いますが、もずの魔法石鹸ももずの魔法ローションも、アトピーの方がとにかく安心して使えるように徹底的に成分の安全性に配慮して肌に優しいものだけを配合してくれています。

 

わたしたちが気にしている以上に気にして、とにかくアトピーのためになる成分だけでアトピーのための保湿石鹸と保湿ローションをつくってくれているのは本当にありがたいですね!

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットの最安値はどこ?Amazon、楽天、公式を比較しました

お得なセール案内

せっかくならもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションを最安値で購入したいので、Amazon、楽天、公式を調べてみることにしました!

Amazonの最安値

まずはAmazonから調べてみました。

 

Amazonで『もずの魔法石鹸』と検索してみると…。

 

税込2,160円!定価で販売されていました!

Amazonのもずの魔法石鹸価格

 

続いてAmazonで『もずの魔法ローション』と検索してみます。

 

ん…?6,912円!?

Amazonのもずの魔法ローション価格

 

高すぎる!と思ったのですが、これは大容量タイプのもので、2番目に表示されているもずの魔法ローションが一般サイズになります。

 

3,024円。もずの魔法ローションも定価です。

 

Amazonではもずの魔法石鹸ももずの魔法ローションも定価で販売されていることがわかりました!

楽天の最安値

続いて、楽天で検索してみました。

 

こちらが楽天で『もずの魔法石鹸』を検索した結果です。

 

楽天もAmazonと同じく、もずの魔法石鹸は定価の2,160円で販売されています。ただ、楽天だと別途送料が400円かかるところもあるので注意が必要です…。

楽天のもずの魔法石鹸価格

 

続いて楽天で『もずの魔法ローション』を検索しました。

 

こちらもAmazonと同じく大容量サイズが6,912円、一般サイズが3,024円で販売されています。

楽天のもずの魔法ローション価格1

 

楽天のもずの魔法ローション価格2

 

楽天で販売されているもずの魔法ローションは、なぜか送料が無料ではなく別途400円かかるところばかりでした…。

公式の最安値

最後に公式サイトの最安値を調べてみました。

 

公式サイトならもずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットが今だけ限定で3,360円になるキャンペーンを実施しています!しかも送料も無料です。

 

 

また、特典として専用の泡立てネットと30日間の全額返金保証も付いてきます。

もずの魔法セット全額返金保証

 

Amazonと楽天と公式サイトの最安値を比較してみると以下のようになります。

もずの魔法石鹸・もずの魔法ローション料金比較(全て税込価格で比較しています)
定価 Amazon 楽天 セット限定割引
もずの魔法石鹸 2,160円 2,160円 2,160円
もずの魔法ローション 3,024円 3,024円 3,024円
送料 400円 無料 一部400円 無料
特典 なし なし なし 専用泡立てネット
保証 なし なし なし 30日間全額返金保証
合計 5,584円 5,184円 5,584円 3,629円

公式サイトなら最安値で、しかも特典も全額返金保証も付いてくるのでとてもお得ですね!

 

ただ、このキャンペーンは限定セットのため、そろそろ終了してしまうかもしれませんので、できれば早めに申し込むようにしてくださいね。

 

>>もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションセットの最安値サイトはこちらです

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションの総合評価

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションについてレビューさせていただきました。ここまで読んでいただき本当にありがとうございます!

感謝を伝える人

 

最後にかゆみ撃退王の総合評価として、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションを買うべきか買わないべきかについてまとめさせていただきます。

これに当てはまる方は買わないで!

 

  • アトピーじゃない
  • 肌にかゆみがない、乾燥していない
  • 肌が綺麗で周りの人に見せるのも恥ずかしくない

 

もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションは『すでに綺麗な肌をより美白にする石鹸とローション』ではなく『荒れた肌やかゆみのある肌を元の状態に戻す石鹸とローション』という表現が近いです。

 

そのため、アトピーじゃない方や今の時点で自分の肌に悩みがあまりない方は、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションを購入する必要はないと思います。

これに当てはまる方は試してみて欲しい!

 

  • アトピーに悩まされている
  • 1年を通して肌がかゆい、肌が乾燥している
  • 自分の肌を他人に見せるのが恥ずかしい

この記事で何度もお伝えさせていただいておりますが、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションはアトピーの方のために開発された保湿石鹸と保湿ローションです。

 

そのため、アトピー特有のかゆみや症状に悩まされているなら、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションを初めて使った時に『人生の救世主に出会えた』と思えるくらいの感動的な保湿感を感じられるはずです。

 

ぜひ、もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションで自分の肌を大好きになってくださいね!

 

>>もずの魔法石鹸ともずの魔法ローションのWEB限定割引セットはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です