アトピーの象肌もすぐ治る!他では教えてくれない本当の治し方

部分的なアトピー

象肌の悩み

アトピー象肌に悩んでいないでしょうか?アトピーによる象肌の原因はひとつではないのですが、主にステロイドの長期使用によってなってしまった方が多いです。アトピーで象肌になってしまっている箇所はどうしても目立ってしまうので人に見えらるのがとても嫌ですよね。

 

このようなアトピーの象肌は治るのでしょうか?

 

象肌は治ります!しかも、きちんとしたケアを行なうことで、多くの方が思っているような長い期間を必要とすることもありません。アトピーの象肌の治し方はあるのです。

 

では、そのためにはなにをするべきなのでしょうか?象肌が治ることを少しでも早く実感していただく為に、以下の2つを頑張って毎日行なうようにしてください。

  • 肌に酸素や栄養をきちんと送る
  • 角質層に水分を浸透させる

 

順番に説明していきますね!

 

象肌は栄養不足

 

アトピーによる象肌が治るのが難しいといわれている原因のひとつが、肌の中でもとくにそこの部分は血流が悪くなっていることで酸素や栄養がきちんと届いていないからなのです。アトピーからできてしまう象肌は触ると他の皮膚に比べて明らかに固くなっていると思います。

 

これは実際に皮膚の細胞自体が固くなってしまっているのですが、この状態のまま象肌を放ったらかしにしているのは、酸素や栄養がきちんと送られないままにしているのと同じです。ですので、象肌の部分の血流を良くしてあげることがとても大切です。

 

では、具体的にどのようにして血流を良くすれば象肌が早く治るのか?ということに関しては、アトピーによって象肌になってしまっている部分を揉むようにしたり、つまんで引っ張ってあげるなど、軽い刺激を与えてあげるのが効果的です。

 

とても簡単で単純なのですが、ホントに効果的なのです!象肌を揉んだり引っ張ったりすると、少し痛みを感じる方もいます。血流の悪い肌は比較的痛みを感じやすいのです。

 

ですが、それもアトピーの象肌が早く治るためにするべきこと!と思えれば頑張れますよね!

 

とはいっても、とにかくこれさえすれば象肌は治る!と思って無理やり揉みすぎたり、強く引っ張りすぎるのは良くありません。象肌に血液が流れて酸素や栄養がどんどん送られているのをイメージしながら優しく行いましょう。

象肌が治った女性

象肌をより早く改善するために

 

さきほど説明した通り、アトピーによってできてしまった象肌は揉んだり引っ張ったりすることで治るのですが、やはりそれだけで治すのには結構な期間が必要になります。治るとはわかっていても期間が長ければどうしても象肌を揉んだり引っ張ったりすることのモチベーション(やる気)を維持するのは大変ですので、象肌が少しでも早く治ることを実感したいですよね。

 

象肌の回復を少しでも早くする為に非常に重要になってくるのが、象肌ができている部分に効率よく水分や油分を浸透させることです。象肌は、角質層に含まれている水分と油分が通常の肌に比べて非常に少なくなってしまっています。

 

ですので、象肌が治るために行なうべきことは、その角質層に水分や油分を外からもどんどん送ってあげることなのです。とはいっても、通常の保湿クリームでは角質層にまで効率よく水分や油分を送り届けることができないのが現状なのですが、そんな中で、それができてしまう保湿ケアがあるのです。

 

それが肌潤糖といわれるアトピーケア商品です。

 

肌潤糖に含まれているビート糖とよばれる成分によって角質層に水分や油分の潤いをどんどん送り届けてくれるのです。かゆみ撃退王も肌潤糖を初めて使ったときは、スポンジのようにどんどん吸収されていく浸透力に驚かされました。

 

実際にかゆみ撃退王が肌潤糖を使った感想をレビューしたページがあるので、良ければそちらを確認してみてください。

あなたの象肌が早く治るきっけになれば、本当に嬉しいです。

>>かゆみ撃退王が肌潤糖を使って感じたこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です