アトピーを悪化させない為に!行なうべき爪の手入れ

爪の手入れ

爪の手入れの徹底

爪の手入れにはどれくらい力を入れているでしょうか?アトピーの方は爪の手入れは大切とはよくいわれますが、どのくらいの長さにするのが良いのでしょうか。

 

これに関しては、アトピーで体を掻いてしまうことが多いのであれば、深爪まではいかないにしても、爪先(先端の白い部分)がほとんどなくなるくらいまで短く切るくらいの手入れをするべきです。その手入れをしっかりすることで、爪がアトピーの肌に与える影響はかなり変わってきます。

 

掻かなくなるまではとにかく爪を意識!

 

アトピーを治すために非常に重要なのはかゆみをなくすこと。重要というよりも、かゆみをなくさない限りアトピーは治らないといってもいいくらいです。かゆみをなくすのがなにより重要ということは、かゆみ撃退王がいつもいっていることですね。

 

その為にかゆみをなくす効果のある保湿を紹介させてもらっているのですが、とはいってもステロイドではないので、そういったアトピーに良い保湿をしたからといって、その日からいきなりかゆみがなくなるわけではありません。

 

かゆみ撃退王が推奨しているのは、ステロイドを使って一時的に症状やかゆみを抑えるのを繰り返す方法ではなく、ステロイドほど即効性はないものの、確実に少しずつかゆみをなくしていって、結果的にアトピーを治すという方法です。

 

ですので、保湿をしても少しの間は体がかゆいときはあります。ですが、掻いてしまったとしても、肌への刺激やアトピーの悪化を最小限にする為に爪の手入れにはこだわってできるだけ短くしていただきたいのです。

 

爪を切る頻度

 

アトピーの方が行なう爪の手入れとして、爪を切る頻度はどれくらいにすれば良いのか?ということですが、できれば3日に1回程度、長くても1週間に1回は爪の手入れをしていただきたいです。

 

爪先(先端の白い部分)は伸びてくるのが早いですし、3日もすれば切ったときよりも爪の鋭利具合(とがっている具合)はかなり増してしまいます。

 

アトピーであってもほとんどの方が面倒くさがって先延ばしにすることが多く、伸びている爪を見ても、今日は面倒臭いから爪の手入れは明日でいいや。と思ってしまいがちですが、そういった気持ちがアトピーの方にとってはとても危険なことなのです。

 

そして、そういったときに先延ばしにせずに、きちんと爪を手入れしている方が結果的にアトピーを治すところまで辿り着けている方が多いです。

 

もちろん、かゆみ撃退王もアトピーがひどいときに、爪の手入れを先延ばしにしたことで、その日の晩に体を掻きむしったときのアトピーの悪化具合が恐ろしかったときがあり、きちんと手入れをしておけば良かったと後悔したことはたくさんあります。

 

だからこそ、爪の手入れの大切さがわかるのです。伸びた爪と、きちんと手入れをしている爪のアトピー肌への刺激の強さは全然違います。

 

ですのでアトピーの方は、少し伸びてきたかもしれないけれど、まだ爪を切らなくていいかな。と思ったら切り時というくらいの意識でいてもらいたいです。爪は本当にアトピーを悪化させる武器になってしまいます。

 

アトピーの方はかゆみがなくなるまでは手入れはこれでもかというくらいに行い、掻いてしまったときの肌への刺激を最小限にしてあげてください。

 

女性にはこれがおすすめ!

 

ただ、アトピーであっても女性の方は爪のおしゃれにもこだわりたいことも多いと思います。

 

その場合はかゆみ撃退王はジェルネイルをおすすめしております。その理由について詳しく述べておりますので、良ければ参考にしてみてください。

>>アトピーでも爪のネイルを諦める必要なし!ジェルネイルのすごさ!

 

アトピーのかゆみをなくす保湿剤ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です