アトピーの遺伝が怖いと思っている方にこそ読んでもらいたい

アトピーに悩む男女

遺伝について悩む

アトピー遺伝するとよく聞くので、それが怖いから子供をつくることに少し抵抗を感じてしまっている。自分がアトピーで小さい頃からつらいおもいをしてきたから、このようなおもいを子供にはさせたくない。

 

そのような気持ちを抱いてしまっている方に伝えたいことがあります。

 

アトピーを持っている方の子供に必ずアトピーが遺伝するということではありません。遺伝のみで子供がアトピーを発症してしまうかどうかが確実に決まるわけではないのです。

 

また、アトピーの遺伝をさせない為にできることはたくさんありますので、怖いと思って逃げるのではなく、いまあなたができることを行なって子供にアトピーを遺伝させないように努めてあげましょう!

 

遺伝する確率が高くなるのは事実

 

子供にアトピーが遺伝するのが怖いと思っている方にはいきなりダメージを与えてしまうかもしれませんが、アトピーを持っている場合はそうでない方に比べて、その子供にもアトピーが遺伝する確率は高くなります。

 

ただ、これはいってみれば当然のことで、アトピーだけが遺伝しやすいということではありません。親と子は外見はもちろん、内面や体のつくりも似てくることが多いので、アレルギー症状のひとつであるアトピーは、その症状を持っていない親に対して持っている親の子供の方がアトピーを発症してしまう可能性が高くなることは否めません。

 

どうしても遺伝的要素はあるので、そこは避けられないのですが、とはいってもアレルギーを起こしてしまう遺伝子はひとつだけではないので、アトピーだから必ず子供もアトピーになってしまうということではないです。

 

あなたと他人の当たり前の違い

 

アトピーの遺伝が怖いと思っている方に、もうひとつお伝えしておきたいことがあるのですが、あなたが普段から当たり前と思っている食生活や生活環境が、実はアトピーを遺伝を高めてしまっていることもあります。

 

例えば、普段食べている物や生活している環境は10家系いたらそれぞれみんな違って10通りありますよね。

 

とくに妊娠しているときに食べていた物は子供に大きく関係してきます。あなたが妊娠しているときにアトピーに悪いものばかりを食べていたら子供にアトピーが遺伝してしまう確率は高くなるのです。

 

アトピーは食生活や生活環境でも遺伝するかしないかが大きく関係してくるので、アトピーを遺伝させたくなかったら、まずはあなたの当たり前を当たり前と思わずに、遺伝に関係してくることがないかを考えてみる方が良いです。

 

妊娠中に、アトピーに悪い食べ物は極力食べないようにすると、子供へアトピーが遺伝しない確率は上がるといわれております。

 

卵と肉で遺伝に違い!?

 

ここでひとつ実例をご紹介します。

 

ある方の話で、妊娠中にアトピーに対してなんの気遣いもせず、卵や肉をたくさん食べていたときにお腹にいた子はアトピーが遺伝してしまったらしいのですが、その後妊娠中と食生活の関係性に気付き、次に妊娠した時にはそういったアトピーに悪影響を与えるものを食べないようにしたら、そのときにお腹にいた子にアトピーは遺伝しなかったようです。

 

アトピーを持っている場合は子供にも遺伝してしまうかもしれないという怖い気持ちが出てきてしまうかもしれませんが、あなたが妊娠をしているときにアトピーに悪影響を与える食べ物を口にしないように気を遣っていけば、なにもしないよりもずっと子供にアトピーが遺伝する確率は下げることができるのです。

 

ですので、アトピー遺伝してしまうのが怖いと思ってしまっているのであれば、いまできることを極力行なっていくようにしましょうね!

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください