アトピー持ちの方が白内障にかからない為にするべき予防対策3つ

目の周りのアトピー改善対策

白内障の予防

白内障は老化現象だけではなく、アトピーであることが原因により発症してしまうことがあります。ですが、きちんと予防を行なっていればアトピーの方でも白内障の発症を防ぐことができるのです。

 

アトピーであっても白内障予防する為の方法を3つご紹介します。

 

  • ①目をこすりすぎない

 

アトピーだと、どうしても目もかゆくなって掻いてしまうことがあると思いますが、この行為によって目の水晶体をにごしてしまい、白内障になる確率を高めてしまうことになるので注意が必要です。

 

掻くとアトピーが悪化するという理由で、叩いたりして症状を落ち着かせている方もいますが、これを目の周りにも行なってしまうと、白内障を発症する確率を高めてしまいます。白内障予防の為にも顔の保湿をしっかり行い、かゆみを極力起こさないように努めましょう。

 

  • ②ビタミンC、ビタミンEを摂る

 

そもそも、白内障とは目がにごってしまい、かすんで見える病気なのですが、その根本的な原因は活性酸素といわれております。ですのでアトピーの方はとくに白内障を予防する為に活性酸素の発生を抑える必要があります。

 

その為に必要になってくるのがビタミンCとビタミンEの摂取です。これらには抗酸化作用が含まれており、活性酸素の発生を抑制する効果があります。つまりビタミンCとビタミンEを積極的に摂ることはアトピーの方にとっても白内障予防になるのです。

 

ビタミンCは野菜や果物に多く含まれています。またビタミンEは魚(とくにうなぎ)やアーモンド類にたくさん含まれているのですが、アーモンドに関しては油が多い関係で摂り過ぎはあまりアトピーに良くないのですし、かといってうなぎは高価なので、白内障を予防できるとしても普段からそこまで食べることはできないと思います。

 

ですので、その分ビタミンCをたくさん摂るようにしましょう。野菜や果物をたくさん食べてビタミンCを摂るだけでも白内障予防に充分効果があります。

 

  • ③紫外線を浴び過ぎない

 

アトピーの方が白内障を予防する為には紫外線対策も必須です。紫外線は目の水晶体をにごしてしまうので非常に危険です。ですので、極力で構わないので帽子をかぶったり、UVカットのサングラスをかけたりなどして、紫外線が当たりすぎないようにすることを心がけてください。

 

ちなみに、紫外線カットの為にサングラスをかける時は、とにかく色が濃くて黒に近いレンズを選ぶのが良いと思いがちですが、それは間違いです。

 

色が濃いサングラスをかけていると、目の働きによって瞳孔が開いてくるのですが、それによって紫外線の刺激を受けやすくなってしまうので、白内障予防としてサングラスをかけるのであれば色が薄いレンズを選ぶ方が良いです。

 

アトピーの方でも簡単にできる白内障予防対策を3つご紹介しましたが、これらは簡単にできる上に予防効果は高いです。

  • 目をこすりすぎないようにしっかりとした保湿を心がける
  • 普段の食事から少しでも野菜や果物を食べるようにする
  • 車の運転中などの時間だけでもサングラスをかける

 

こういった小さな意識がアトピーであっても白内障を予防できることにつながるので是非取り入れてみてくださいね!

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください