アトピー治療でステロイドの正しい使い方は?

アトピーの原因

ステロイドの正しい使い方についてですが、基本的にはアトピー改善に効果のある保湿クリームや保湿ローションを塗っても追いつかない、わかりやすくいえば、保湿剤だけではかゆみを止めることができずそれを我慢できないときにステロイドを使うようするのが一般的であり、わたくしもそのようなときに使用しておりました。

かゆみ撃退王のステロイドの使い方への見解

 

わたくしかゆみ撃退王個人の見解にはなるのですが、ステロイドは使った方が良いのか、使わない方が良いのかという極端な問いに対しての回答は使わない方が良いです。

 

ただ、それは必要がないのにわざわざ使わなくても良いことという意味合いであり、使ってはいけないということではありません。むしろ、肌がじゅくじゅくになっており、ステロイドのように即効性のある薬を使わないと痛みやかゆみに耐えることができないときに保湿剤だけでその場を乗り越えようという考えの方が危険です。

 

回復どころか、いま以上にアトピーの症状がひどくなりかねません。ステロイドはとても悪い噂が流れていますが、正しく使えば副作用の心配をする必要もほとんどなくなりますし、わたくしかゆみ撃退王はステロイドはアトピーにきちんと活躍してくれる味方だと思っております。

 

使い方についてですが、これに関しても様々な意見がありますし、同じ使い方をしていても人によって効果が違うので一概にこれが正解と言い切ることはできないのですが、わたくしかゆみ撃退王が効果のあった使い方を説明していきますね。

かゆみ撃退王のステロイドの使い方(個人的な見解です)

 

先ほど書いたように、お肌がじゅくじゅくになっていたりしてどうしようもないときには1日に2回ほど使うようにします。1回ではダメなのかというとそういうことでもないのですが、ステロイドを使う以上早くひどい症状を緩和させてあげることが大切なので2回使う方が良いと思います。

 

塗る量については、ひどい箇所全体に優しく広げてあげる感じで塗ってあげます。一度に多い量を塗るのはいけませんが、少なすぎても効果が薄れてしまいます。ですので多すぎないくらいの量を指の腹や手のひらを使って優しく広げてあげる感じで塗ってあげれば大丈夫です。

ステロイドの強さは医師に相談すること

 

また、ステロイドには1群から5群まで種類があり、ランクが付いています。数字が小さくなるにつれ、ステロイドの強さは強くなっていきます。1群は最強と呼ばれ、とにかく即効性が高いです。じゅくじゅくでとてもひどいお肌でも数日から1週間ほど塗ればかなり綺麗になるくらいの強さです。

 

ただ、これに関してはただ単に強いものを選べばよいということではなければ、弱いものを塗っておけば安心ということでもありません。ステロイドの強さについては皮膚科の先生とじっくり相談を行い、あなたに合った強さのステロイド剤を処方してもらうようにしてください。また、ステロイドの使用をやめた後にきちんとした保湿ケアを行わないとまたすぐにアトピーがひどくなってしまいます。ですので、アトピー改善に合った保湿をしてあげるようにしてくださいね。

 


■下記は、かゆみ撃退王の重度のアトピー肌を救ってくれた貴重な症状別おすすめ3選です。


  • 【お風呂上がりに肌がガサガサゴワゴワになる方へ】

肌潤風呂の紹介分
>>かゆみ撃退王が肌潤風呂を使った検証記事がこちらです

 


  • 【脱ステを目指したい方へ】

サラヴィオ美容液の紹介文
>>かゆみ撃退王がサラヴィオ美容液を使った検証記事がこちらです

 


  • 【アトピーにみえない肌になりたい方へ】

アトピスマイルの紹介文
>>かゆみ撃退王がアトピスマイルを使った検証記事がこちらです

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください