アトピーでも香水をつけて大丈夫?比較的安全な場所はどこ?

香水をつける女性

香水をつける女性

アトピーを持っていると、アトピーじゃない方からしたら何の問題のない小さなことが原因でかゆみや症状の悪化につながってしまうことがありますよね。

 

そんな中、香水もそのひとつです。香水は、それを体のどこかの場所につけることが本来の使用方法ではあるのですが、アトピーで肌につけると悪化すると感じている方も多いです。実際のところ、香水はアトピー肌に直接つけても大丈夫なのでしょうか?

 

これに関しては、アトピーの方は、どの場所であっても肌に直接香水をつけるのはおすすめできません。

 

アトピー悪化の原因になる

頭皮をかゆがる女性

アトピーの方は、香水を体のどの場所にも直接つけることをおすすめできない理由。それは、単純に香水を直接肌につけると、その部位のアトピーが悪化してしまうリスクが高いからです。

 

ほぼ全ての香水には香料やアルコールが含まれています。香料やアルコールは香水にはとても大切な成分で、香水らしさを引き出すためにはとても大切なものではあります。ですが、これらの成分はアトピー肌には悪すぎる。どうしても塗ったところへの刺激が強すぎるのです。極端にいわせていただくなら、アトピーを悪化させるための液体を肌に直接塗っているようなものです。

 

わたくしかゆみ撃退王も、昔は首筋や手首の内側、ウエスト、またさりげない香りを引き出すために足につけるなど色々なところを試して香水を楽しんでいましたが、やっぱりつけた場所はどうしてもかゆくなります。ですので、アトピーの方は肌に直接香水をつけるのは極力控えるようにしましょう。

 

どうしてもつけたいなら

皮膚科の医師

ただ、香水をつけるのが好きな方からしたら、アトピーとはいっても香水の香りを楽しめないのは辛いと思います。ですので、あなた自身も香水をどうしてもつけたいと思っているのであれば、服の上やハンカチにつけるようにするのがおすすめです。

 

服の上やハンカチにつけると、肌に直接つけるよりは香水のアルコールの揮発が弱まるのでどうしても香りは出にくくなりますが、その代わりにアトピーの肌への負担は極端に軽減されるからです。

 

しかも、最近はあからさまに香水の香りを醸し出していたら異性から嫌がられやすくなってきているので服の上やハンカチにつけて香りが弱まったとしても、そのせいで恋愛が不利になることはありません。むしろ、逆にほのかな香りが良くて異性から高評価になる可能性の方が高いです。

 

ですので、あなたもアトピーに負担をかけないためにも、香水は服の上やハンカチなど、直接肌に触れない場所につけるようにしてくださいね。

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【とにかくアトピーのかゆみをなくしたい方

もずの魔法石鹸・ローションセット紹介
>>もずの魔法石鹸・ローションセットを実際に使った感想と効果


 

【アトピーの象肌を治したい方

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください