アトピーの赤ちゃんへのお菓子はどうする!?食べさせてはいけない?

お菓子を食べる赤ちゃん

お菓子を食べる赤ちゃん

赤ちゃんアトピーを持っていると、普段の食べ物にもかなり気をつかわれることが多いと思います。

 

そんな中、アトピーの赤ちゃんにお菓子を食べさせても良いのかわからず悩まれている方も多いです。

 

実際のところ、アトピーの赤ちゃんにお菓子を食べさせてあげても良いのでしょうか。

 

これに関しては、赤ちゃんのアトピーのためにはできればお菓子を食べさせるのは控えるべきです。ですが、それほど多い量でなければ、比較的アトピーに悪さをするものが含まれていないお菓子なら食べさせてあげても大丈夫です。

 

お菓子の美味しさを教えることは焦らなくても良い

赤ちゃんが寝ているところ

たまに、赤ちゃんにはお菓子を食べることも教えてあげないといけないと思われている方もいます。この気持ちはわからなくはないのですが、お菓子には砂糖や植物油脂で味付けをして甘くしたり濃くしたりして、少しでも美味しくなるようにつくられていることが多いです。

 

とくに最近のお菓子はその傾向にありますね。また、お菓子は香料や着色料などといった添加物を含んでいるものがほとんど。お菓子の味が美味しいことだけ考えたら良いことではあるのですが、それを赤ちゃんに食べさせるとその美味しさを覚えてしまうので、次にまたそれを欲しがることが多い。

 

ただ、味付けをして甘くしたり濃くしたりしているお菓子のほとんどは美味しい代わりにアトピーにはとても悪いものばかりです。

 

アトピーに悪いお菓子の味を赤ちゃんに早い段階で教えてしまうと、食べさせなかったら泣くし、食べさせたらアトピーが悪化するという悪循環になってしまいかねません。

 

ですので、赤ちゃんのアトピー症状を改善してあげるためにも、砂糖や油などでたくさん味付けをしていたり、香料や着色料を使っているようなお菓子はできるだけ控えるようにしてあげましょう。

 

お菓子を食べさせてあげるなら

駄菓子屋さん

とはいっても、赤ちゃんにお菓子を全く食べさせてあげないのはかわいそうですよね。赤ちゃんがアトピーではあるといっても、正直お菓子は食べさせてあげたいものだと思います。

 

ですので、赤ちゃんがアトピーでも比較的安全で食べさせても良いお菓子をお伝えさせていただきます。

 

アトピーの赤ちゃんにもおすすめなのは、先ほどお伝えさせてもらったように砂糖や油、また添加物を多く使っていないお菓子です。具体的には赤ちゃん用の米せんべい、豆菓子、ぽんせんなどです。これらは市販でも売られているので、手軽に買えるところも良いポイントですね。

 

これらのお菓子にも多少は砂糖や油や添加物が使われていることが多いですが、最近のお菓子に比べたら明らかに含有量は少ないのでおすすめです。明らかに味付けしてあるようなお菓子と食べ比べたらやっぱり味は薄いですが、アトピーの改善のためにはこれらの方が良いです。

 

ですので、アトピーの赤ちゃんへのお菓子を食べさせるのは、控えられるところは控え、食べさせるときは赤ちゃん用の米せんべいや豆菓子、ぽんせんなどアトピーに優しいものにしてあげるようにしましょう。

>>赤ちゃんのアトピー肌におすすめの保湿保護剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です