アトピーの赤ちゃんにスイミングは良い?プールで悪化する!?

プールに入れてもらう赤ちゃん

プールに入れてもらう赤ちゃん

赤ちゃんの今後のためにも、なにか習い事をさせてあげたいと思うこともありますよね。ただ、赤ちゃんがアトピーを持っていると少し慎重に考えてあげないと、体に合わずに症状が悪化してしまうリスクもあります。

 

そんな中、赤ちゃんがアトピーの場合でもスイミングに通わせるのは良いのかわからず悩まれている方は多いです。

 

実際のところ、アトピーの赤ちゃんにスイミングを習わせても問題ないのでしょうか?

 

これに関しては、やはりプールの水はアトピー肌を悪化させる原因になるので素直におすすめはできません。ですが、きちんと対策ができるのであれば、赤ちゃんがアトピーでもスイミングは通わせられるといえます。

 

赤ちゃんの肌への刺激

 

ご存知の方も多いと思いますが、スイミングのプールの水のほとんどは塩素が使われています。塩素は細菌や微生物の繁殖防止のためには欠かせません。だからほとんどのプールには塩素が使われているのですね。

 

ですが塩素は、アトピーの肌をかなり乾燥させてしまうほどに刺激が強い。アトピーなら大人の方でも肌がカサカサに乾燥してしまうくらいの刺激です。そのくらい刺激が強いスイミングのプールは、とくに皮膚が未熟な赤ちゃんには素直にはおすすめできないのです。

 

アフターケアをしても悪化する

 

アトピーの赤ちゃんにスイミングを通わせてあげる方は「プールに入っているときは肌に刺激があるけれど、後からシャワーを浴びて流せば大丈夫だろう」というような考えを持たれていることが多いですですが、これは間違い。

 

たしかにプールに入った後にシャワーを浴びて洗い流したら、多少は塩素の刺激は軽減できます。ですが、それだけでアトピー肌への影響がなくなるほど甘くありません

 

実際に、赤ちゃんはアトピーを持っているけれど後からケアをしたら大丈夫と思ってスイミングへ行かせたら、体が赤くなり、カサカサに乾燥して症状が悪化してしまったというケースはとても多いです。

 

ですので、後からケアをするしない関係なく、アトピー肌に塩素が触れること自体が悪いと思っておきましょう。

 

ビフォケアがかなり効果的

 

ただ、そんな塩素ですが、アトピーの赤ちゃんでもあるケアをしたらかなり効果的に肌への刺激が軽減できることがわかりました。

 

それが、ビフォケア。ビフォケアとは、その名の通り、事前にケアをすることです。

 

プールに入る前に保湿などで肌をケアして症状が悪化しにくい状態をつくってからプールに入ることで、赤ちゃんがアトピーであっても塩素による刺激をかなり軽減できる効果が期待できるということですね。

 

ビフォケアに適した保湿保護剤

 

その、プールに入る前のビフォケアとして高い効果が期待できておすすめの保湿保護剤があります。

 

それが、ファムズベビー

ファムズベビーの箱

ファムズベビーは、新発想のバリアケアによって、肌の表面ではなく角質層にまで浸透して中からバリアをつくってくれます。それによって、水に触れても保護成分が流されないほど完璧ともいえるバリアが肌にでき、塩素の刺激が肌に直接触れにくい状態にしてくれるのです。

 

実際、ファムズベビーのバリアは金属アレルギーの方が金属品をつけてもかゆみが出ないくらい優れていることから、赤ちゃんだけでなく大人の方でも使われる方がかなり増えてきています。

 

しかも、悪い成分が含まれておらず肌に非常に優しいので、赤ちゃんでも安心して使えるところもとても良いポイントですね。

 

こちらでわたくしかゆみ撃退王がファムズベビーを実際に使って感じたことをレビューしているので、良ければ読んでみてください。

>>ファムズベビーのレビュー記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です