アトピーの赤ちゃんに良い日焼け止め

MENU
アトピーのかゆみだけでなく色素沈着もなくす保湿研究 TOP  >  アトピーの子供・赤ちゃん  >  アトピーの赤ちゃんに日焼け止めは良い?その前に意識してほしいこと

アトピーの赤ちゃんに日焼け止めは良い?その前に意識してほしいこと

笑顔の赤ちゃん

赤ちゃんアトピーで日焼けをさせたくない。でも、日焼け止めは肌に悪いというから、日焼け止めでアトピーが悪化してしまうのも避けたい。

 

このように、赤ちゃんがアトピーだから日焼け止めが欲しいけれど、それによって症状が悪化しないか心配されている方は多いです。

 

今回は、あなたの赤ちゃんのアトピーを悪化させないために、アトピーの赤ちゃんでも使える日焼け止めの6条件についてお伝えさせていただきます。

 

日焼け止めは馴染みが少ないから、薬局などですすめてもらったものを何も調べもせず購入する方が多いです。それでも悪くはないのですが、自分の赤ちゃんに使ってあげるものだからこそ基本の知識は持っておいていただきたいので、是非読んでくださいね。

 

できるだけわかりやすく噛み砕いて説明させていただきます。

 

1.紫外線吸収剤不使用を選ぶ

 

まず、アトピーの赤ちゃんに使う日焼け止めとして絶対に条件として入れておいていただきたいのが、紫外線吸収剤を使っていないこと。

 

日焼け止めには大きく紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というものがあります。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して他のエネルギーに変換することで日焼けを防止するもので、紫外線散乱剤は日焼けを肌から反射することで日焼けを防止するものです。

 

どちらも目的は日焼け防止なのですが、紫外線吸収剤は効果の持続時間が長い代わりに肌への刺激が強い、それに対して紫外線散乱剤は効果の持続時間は紫外線吸収剤より長くない代わりに肌への刺激が比較的優しいという特徴があります。

 

いうまでもなく、アトピーの赤ちゃんに使ってあげるべきなのは紫外線散乱剤ですね。

 

2.ノンナノ仕様を選ぶ

 

紫外線散乱剤の中でも、ナノ仕様とノンナノ仕様というものがあります。言葉の通り、ナノ仕様はより小さい粒子でできた紫外線散乱剤です。

 

なんとなくナノ仕様の方が良いように感じる方も多いのですが、実は逆。たしかにナノ仕様は粒子が小さい分、肌に馴染むので白浮きはしにくいですが、肌の中へ浸透されやすいというデメリットもあるのです。日焼け止めは、できれば肌に浸透せず肌の表面上にとどまっている方が刺激が圧倒的に少なくて良いのです。

 

ノンナノ仕様は粒子が大きい分、肌に浸透しにくく刺激も少ないのでおすすめです。

 

3.合成界面活性剤を使っていない

 

これもとても大切です。合成界面活性剤とは、水と油のように自然な状態では混じり合わないもの同士を混ぜるようにするもの。優れものではあるのですが、その代わりに肌への刺激が非常に強いのも特徴です。

 

アトピーの赤ちゃんに使ったら症状が悪化するリスクはかなり高いので、合成界面活性剤は不使用のものを選びましょう。

 

4.肌に有害リスクがある添加物を使っていない

 

添加物を軽く考えている方は多いですが、アトピー悪化につながる添加物は意外と多いです。

 

アトピーに良くない添加物を使用している日焼け止めは普通にあります。薬局にもたくさん売られています。ですので、肌に悪い添加物を含んでいない日焼け止めを選びましょう。

 

5.簡単に落とせる

 

肌への刺激が少ない日焼け止めを選んでも、それが洗っても落ちにくいものだったら肌に残ってしまうことで悪化するリスクが高まります。日焼け止めは肌に残るとそれだけでシミができてしまうほどです。

 

赤ちゃんの肌はとくに繊細なので、赤ちゃん用の石鹸やボディソープでも落とせるくらい洗い流しやすい日焼け止めを選びましょう。

 

6.ベタつきが少ない

 

赤ちゃんに保湿はとても大切だけど、それによって肌に違和感が出てしまったら嫌がります。とくに赤ちゃんはベタつきを嫌がりますよね。そのベタつきを嫌がってかきむしってしまうこともよくあります。

 

ですので、できればベタつきが少なくさらっとした使い心地の日焼け止めが良いですね。

 

相当少ない中でようやく見つけた

 

長かったですが、読んでいただいてありがとうございます。ただ正直、この6条件を満たした日焼け止めは本当に少ないです。だから、ほとんどの場合はアトピーが悪化するリスクがあることをわかりつつ、渋々ながら日焼け止めを赤ちゃんに塗っているのですね。

 

そんな中で、ついにこの6条件を満たす日焼け止めが登場しました。

 

それが、アロベビー

アロベビー

アロベビーは天然100%でつくられた日焼け止めで、もちろん紫外線吸収剤不使用、さらには合成界面活性剤不使用、さらには肌に悪い添加物も使っていません。さらに、アロベビーはミストタイプなので、非常に洗い流しやすく、ベタつきも少ない。とにかく肌への優しさと塗り心地にこだわってくれている日焼け止めです。

 

まさに、アトピーの赤ちゃんのための日焼け止めといえますね。

 

正直、日焼け止めを使わなくても日焼けをしないのが一番良いですが、とくに夏場はそんなこといってられませんよね。ですので、あなたの赤ちゃんのためにも、アロベビーを使って肌に優しく日焼けを防いであげてください。

>>アロベビーの公式サイトはこちらです
アロベビー UV&アウトドアミスト

同じカテゴリー「アトピーの子供・赤ちゃん」の一覧

アトピーの赤ちゃん

もち肌スキンケア!アトピーの赤ちゃんにおすすめ保湿剤ランキング

赤ちゃんのアトピーをなんとかしてあげたい。ただ、市販に売っている保湿剤を塗っていても本当に赤ちゃんのアトピーが治るのかわからない…。そもそも赤ちゃんの肌はとてもデリケートだから、どれを使うのがおすすめ […]

記事の続きを読む
動物の遺伝

アトピーは赤ちゃんに遺伝する?発症する確率を3割下げる対策

アトピーを持っているから、それが赤ちゃんに遺伝していたらどうしよう悩まれている方は多いです。   実際のところ、アトピーは赤ちゃんに確実に遺伝してしまうのでしょうか?   これに関 […]

記事の続きを読む
お風呂に浸かる赤ちゃん

アトピーの赤ちゃんは脱風呂するべき?入らない方が良いの?

赤ちゃんがアトピーだと、なにか良い対策をして改善させてあげたいと思いますよね。   そんな中、脱風呂は赤ちゃんのアトピー改善に効果的なのかな?と思われている方も意外と多いです。   […]

記事の続きを読む
お菓子を食べる赤ちゃん

アトピーの赤ちゃんへのお菓子はどうする!?食べさせてはいけない?

赤ちゃんがアトピーを持っていると、普段の食べ物にもかなり気をつかわれることが多いと思います。   そんな中、アトピーの赤ちゃんにお菓子を食べさせても良いのかわからず悩まれている方も多いです。 […]

記事の続きを読む
生まれてすぐの赤ちゃん

生まれてすぐの赤ちゃんがアトピー!?それはありえるの?

生まれてすぐの赤ちゃんの肌に何か症状が出ているのがわかると「もしかしてアトピーかも?」と思われる方はとても多いです。   実際のところ、生まれてすぐの赤ちゃんがアトピーになるということはある […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

かゆみ撃退王のプロフィール

このサイトでアトピーのかゆみから解放させます!

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 アトピーのかゆみだけでなく色素沈着もなくす保湿研究

    ページトップ