脱ステで強い眠気と倦怠感!その原因と対策

倦怠感が強い女性

倦怠感が強い女性

脱ステを始めるとアトピーの悪化以外にも人によって様々な症状が現れることがあります。その中で、脱ステすると現れやすい症状のひとつが眠気倦怠感

 

脱ステをしてからやたら眠い、眠くはなくても全身がだるいなどといった倦怠感に襲われる方は多いです。実際のところ、脱ステと眠気や倦怠感は関係しているのでしょうか。

 

これに関しては、関係しています。脱ステ中はアトピー症状の悪化以外に眠気や倦怠感も引き起こされやすいです。

 

体内のステロイドが不足

 

どうして脱ステをすると眠気倦怠感が引き起こされやすいのでしょうか。

 

その理由は、脱ステをすると体内の副腎皮質ホルモンが不足してしまうから。体の中の副腎皮質ホルモンが不足することで眠気や倦怠感が現れてしまうのです。

 

ご存知の方がほとんどですが、ステロイドとは副腎皮質ホルモン剤のことです。ですので当然といえば当然ですが、ステロイドを塗っている間は体内に副腎皮質ホルモンが不足することは少ないです。

 

ですが、ステロイドを塗り続けていると、わたしたちの体は次第に自分で副腎皮質ホルモンを分泌させる機能が弱くなってしまいます。ステロイドが与えられているから体内で副腎皮質ホルモンをつくることをサボってしまうのですね。

 

つまりこれまでステロイドを使ってきた方が脱ステをしたら、体内の副腎皮質ホルモンの量が一気に不足してしまう。それによって眠気や倦怠感が現れてしまうのです。

 

副腎を休めることが大切

 

では、脱ステ中の眠気倦怠感を早く改善するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

これに関しては、睡眠の質を高くして副腎をしっかりと休めてあげることがとても効果的です。副腎を休めてあげると機能が回復して副腎皮質ホルモンの分泌も活発になるからです。

 

副腎皮質ホルモンの分泌が活発になれば、眠気や倦怠感はもちろんアトピー症状も早く改善されていきます。

 

ただ、基本的にアトピーの方は夜中の搔きむしりなどが原因で睡眠の質が悪いことが多いです。とくに脱ステ中だとその搔きむしりが頻繁になってさらに悪くなってしまうことがほとんど。

 

だから弱まった副腎の機能が思うように回復してくれないのです。

 

早い改善が期待できるサプリ

 

そんな中、アトピーの方の睡眠の質も高められる効果、さらにはかゆみをなくす効果や肌自体を綺麗にする効果も期待できる成分を含んでいることで話題になっているサプリがあります。

 

それがアレルナイトプラス

アレルナイトプラスの袋と中身

アレルナイトプラスはアトピーの脱ステ中であってもぐっすりと眠れるように睡眠の質を高める成分を6種類、さらにはかゆみを抑える力が強い植物性ラクトバチルス乳酸菌までも含んでくれています。

 

植物性ラクトバチルス乳酸菌は、50種類以上ある植物性乳酸菌の中でもかゆみを抑える力がNo.1として知られています。

 

それだけでなくアレルナイトプラスは脱ステ中のアトピー肌を早く綺麗にするために欠かせないビタミンやビオチンも豊富に含んでいます。

 

つまり、アレルナイトプラスを飲むことで睡眠の質が高まり副腎皮質ホルモンが早く回復されて、眠気や倦怠感が改善だけでなくアトピーの搔きむしりを軽減しながら肌を綺麗にしていくことで脱ステ中の症状自体も早く改善されるのが期待できるということ。

 

脱ステ中の眠気や倦怠感を改善するだけでなく、アトピー肌を早く綺麗にして自分の肌に自信を持ちたい方にもとてもおすすめですね。

 

こちらでわたくしかゆみ撃退王がアレルナイトプラスを実際に飲んで感じた効果や飲用者の口コミについてまとめているので良ければ読んでみてください。

>>アレルナイトプラスのまとめ記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です