脱ステ中のアトピー肌に肌潤糖は効果ある?状態によって違う?

肌潤糖

肌潤糖

多くのアトピーの方のゴワゴワした肌やガサガサした肌を改善したことで話題になっている肌潤糖。肌潤糖は肌の中から潤いをつくる効果が本当に優れていますね。

 

そんな中、肌潤糖は脱ステ中のアトピー肌にも効果あるの?と気になられている方も多いです。肌潤糖が脱ステ中にも効果的なら、それによってステロイド生活から離れることも期待できるのでとても嬉しいですよね。

 

実際のところ、肌潤糖は脱ステ中にも良い効果が期待できるのでしょうか。

 

これに関しては脱ステ中という状況では同じであっても、ある状態のときに肌潤糖を使うと逆効果になってしまうリスクが高いのでおすすめできません。ですが、その状態以外であれば劇的なアトピー改善が期待できるので本当におすすめです。

 

肌がじゅくじゅくしているときは使用しないこと

 

いきなり答えをいわせていただきますが、ある状態とは肌がじゅくじゅくしているときのこと。

 

とくに脱ステを始められてそこまで期間が経っていないときは、ステロイドのリバウンドによって全身から黄色い汁(浸出液)が出るほどにじゅくじゅくしていることが多いです。汁が出てくるほどにじゅくじゅくしている肌は、アトピーの中でもとくにデリケートな状態。

 

本来であれば肌潤糖で肌の中から潤いをつくることでアトピーの改善が期待できるのですが、じゅくじゅく肌の状態のときはとにかく落ち着くのを待つべき。

 

ですので、脱ステの中でも肌から汁が出るほどにじゅくじゅくしている状態なのであれば肌潤糖の使用は控えましょう。

 

乾燥しているときはかなりおすすめ

 

脱ステは一般的にじゅくじゅくした状態から次第にガサガサゴワゴワしてきて極端な乾燥期に入っていきます。脱ステで肌が乾燥している状態なのであれば、肌潤糖によって高い改善効果が期待できるので本当におすすめです。

 

肌潤糖は水分を肌へ浸透する力、吸水する力、そして肌自体を保湿する力を高める効果がとても優れています。その効果は脱ステのリバウンドによって極端に乾燥して硬くなってしまった肌までももちもちに柔らかくすることが期待できるほど。実際に脱ステのリバウンドによって像のように硬い肌になってしまっていたけれど、肌潤糖によって驚くほどに水分量が高まって劇的な改善ができたという方は多いです。

 

ですので、あなたの肌がじゅくじゅくではなくガサガサゴワゴワに乾燥している状態なのであれば、その程度は関係なく肌潤糖はかなりの強い味方になってくれるはずですので積極的に使っていくようにしましょう。

 

ちなみにですが、こちらでわたくしかゆみ撃退王が肌潤糖を実際に使用して感じた効果や使用者の口コミなどをまとめてレビューしているので良ければ読んでみてください。

>>肌潤糖のレビュー記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください