脱ステに断念、失敗した方の多くがアトピー改善している意外な方法

アトピーを改善した人達

アトピーを改善した人達

あなたは、アトピーの脱ステをしたことがあるでしょうか。脱ステを経験したことがある方ならわかると思うのですが、本当に辛いですよね。辛いという言葉ひとつで片付けてはいけないくらいに辛いです。

 

ですが、脱ステをできなかったからといって、アトピーの完治を諦める必要はまったくありません。その理由は、脱ステをできなかった方こそ、アトピーを劇的に改善できている方法があるから。

 

アトピーは脱ステだけが改善の方法ではないのです。

 

まずは、自分を責めないこと

 

脱ステに断念失敗した方になによりまず伝えたいことがあります。それは、脱ステに断念、失敗しても自分を責めないこと。

 

脱ステを断念、失敗した方の多くは「脱ステを途中で諦めるなんてダメだ」とか「辛いからといって途中でステロイドを使ってしまった自分は意思が弱い」というように自分を深く責めてしまうことが多いです。ですが、正直脱ステはできなくて普通なんです。

 

リバウンド症状で全身アトピーの炎症が起き、腫れ上がってパンパンで浸出液がいまにも溢れ出そうな状態。あり得ないほど痛いのにあり得ないほどかゆい。布団は毎日洗わないといけない。頑張ってステロイドを我慢しているのに、日に日に悪化していくアトピー。外に出るだけで知らない人から視線を感じる。このような生活が数年続くのです。

 

こんな辛い生活、いってみれば断念して当然ですよね。むしろ、脱ステは辛いと知りながらも挑もうとした時点であなたはすごい勇気を持っています

 

ですので、脱ステに断念、失敗しても自分を責めないでくださいね。

 

減ステがかなり効果的

 

話が少し長くなってしまいましたが、脱ステできなかった方の多くがアトピーを改善できている方法、それは減ステです。

 

減ステとは、いきなりステロイドをやめるのではなく、徐々にその強度や使用頻度を減らしていく方法のことです。ただ、正直これまで長くステロイドを使ってきた方は、減ステならリバウンドが起こらないとも言い切れません。ですが、脱ステのような爆発的なリバウンドが起こることは少ないです。

 

どうして脱ステを断念、失敗した方が減ステでアトピーを劇的に改善できているケースが多いのかというと、脱ステの辛さを経験している方は減ステがそれほど苦にならないから。

 

ほとんどの方は、減ステ中に肌の状態が悪くなったとき「肌が悪くなって嫌だ…」という気持ちになるのに対し、脱ステ経験者は「もう少ししたらステロイドを塗ることができるから安心」という気持ちになることが多いです。

 

また、減ステをしていると、ステロイドを常用していた時に弱りきっていた肌の免疫機能も少しずつ回復していきます。それによって次第にステロイドの強度を下げることができ、自然と使用頻度も減っていくので、そこまで無理せず脱ステにたどり着くことが期待できるのです。

 

このように、脱ステをしたことがない方には難しいと感じる減ステも、脱ステを経験して断念失敗したことがある方には比較的苦にならないことが多いので、非常におすすめなのです。

 

減ステで楽に根本改善!

 

また、減ステをするなら、とても相性が良くおすすめしたい保湿クリームがあります。それがアトピスマイル。アトピスマイルは日本で唯一、肌を根本から改善してくれる効果が認められて今かなり話題になっている保湿クリームです。

アトピスマイル

肌に水分を保持する力やバリア機能を根本から高め、肌の機能も根本から強くしてくれるのです。アトピーじゃない肌に近づいていくということですね。

 

つまり、減ステで徐々にステロイドの量を減らすことに並行して、アトピスマイルで肌の水分保持力やバリア機能を高めていくことでリスクを限りなく低くアトピー肌を根本から改善することが期待できるということ。

 

実際に減ステ中にアトピスマイルを使い、アトピー肌の劇的な改善につなげることができている方はとても多いです。もちろんアトピスマイルには副作用のリスクはありません。

 

まさにリスクを限りなく0にしてステロイドから卒業したいアトピーの方のための保湿クリームですね。

 

こちらでわたくしかゆみ撃退王がアトピスマイルを実際に使用して感じたことについてレビューしているので良ければ読んでみてください。

>>アトピスマイルのレビュー記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください