生まれつきのアトピーは完治できる?遺伝にも勝つ保湿

アトピーの男性
アトピーの男性

生まれつきアトピーを持っていて、物心がついた頃から肌の乾燥やかゆみ、またアトピー特有の肌に悩まされている方はとても多いです。

 

生まれつきアトピーのほとんどの方が気にしていること。それが、生まれつきアトピーを持っていても完治できるの?ということです。

 

できることならアトピーじゃない肌になりたい。アトピーの方は一度はそう思ったことは絶対にあると思います。実際のところ、生まれつきアトピーでも完治することはできるのでしょうか。

 

これに関しては、生まれつきのアトピーは完治できるといえます。それも保湿を見直すだけで。

 

このサイトで何度もお伝えさせてもらっているのですが、アトピーにとって保湿はいうまでもなく重要とはわかっているものの、保湿のことを知っているつもりでも実は全然知らない方がとても多いです。

 

わたくしかゆみ撃退王も生まれつきアトピーだったのですが、とにかく保湿にこだわってからはほぼ完治状態になりました。もちろん今ではアトピー肌とはわからない肌です。

 

とにかくまずこだわることは保湿。正しい保湿をすればかゆみは消え、それによってアトピーじゃない肌に近づきます。

 

アトピー肌の特徴

 

そもそもアトピー肌ってなんなのでしょうか。アトピー肌の大きな特徴は、肌の水分を保持する力が弱いこと、またバリア機能が低いことの2つです。

 

皮膚の角質層の細胞間脂質はセラミドという主成分でできており、セラミドを主としたはたらきによって肌の水分の蒸発や外からのアレルゲンなどの進入を防いでくれています。

 

ですが、アトピーの方はセラミドの量が一般の方に比べて極めて少ない。だから思うように肌に水分を保持することができないし、バリア機能も低いのです。

 

水分を保持する力が弱いと肌はすぐに乾燥してしまい、さらにはバリア機能が低いとアレルゲンなどが簡単に肌の中へと入り込んでしまう。それによってかゆみが起き、炎症が起き、アトピーが悪化するのです。

 

アトピー肌ってアトピーじゃない方の肌とは見た目からして違うのがわかりますよね。わたくしかゆみ撃退王も昔はいかにもアトピーだとわかる肌をしていたので違いはよくわかります。

 

その肌の原因こそ、セラミド不足からくる水分保持力やバリア機能の低さなのです。

 

セラミドを根本から増やせば肌自体が完治する

 

アトピー肌はアトピーじゃない肌とは見た目が違うという、少し失礼な伝え方をしてしまって申し訳ないです。ですが、はっきりいわせていただきますが、アトピーは完治できます。

 

アトピーの方はアトピーじゃない方に比べて肌のセラミド量が極端に少ない。つまり逆にいえば根本的にセラミドの量を一般的な方と同じ、もしくは同等以上にすることができれば自然とアトピーじゃない肌になれるということです。

 

そして、最近ついにその効果が期待できる保湿クリームが誕生しました。それがアトピスマイルという保湿クリーム。

アトピスマイル

アトピスマイルは日本で唯一、肌を根本から改善する効果が認められている保湿クリームで、水分保持能力やバリア機能を高められることで、非常に高い注目を集めています。それも一時的ではなく、根本的にです。

 

市販で売っている保湿剤や皮膚科で処方してもらえる保湿剤はあくまで一時的な保湿なので、塗ってから時間が経ったらまた元の乾燥した状態に戻ってしまいます。だからアトピーの肌は完治できないのです。

 

それに対してアトピスマイルはアトピー肌の水分保持力やバリア機能を一時的ではなく根本から高めてくれるので次第にアトピーじゃない肌へと近づいていく。

 

実際にアトピスマイルを4週間ほど使用したところ、肌の水分量がアトピーじゃない方の数値を上回った方もいるほどです。当然ですが、そこまで水分量が上がると、これまでアトピー肌だったとは思えないほどモチモチの肌になっています。

 

また、もちろんですがアトピスマイルは肌に悪い成分を使用していないので副作用の心配もありません。

 

実はわたくしかゆみ撃退王もアトピスマイルは定期購入しているのですが、こちらで実際に使って感じた効果などについて詳しくレビューしているので良ければ参考程度にでも読んでみてください。

>>アトピスマイルのレビュー記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>