アトピスマイルは新生児や乳児にも使える?早く塗っただけ効果的!

アトピスマイル

アトピスマイルは日本で唯一、肌を根本的に改善する効果が認められていることで非常に高い人気を集めていますね。

 

そんなアトピスマイルですが、新生児乳児に使っても良いのか気になられている方も多いです。実際のところ、アトピスマイルは新生児や乳児にも使えるのでしょうか?

 

これに関しては、アトピスマイルは新生児や乳児に使ってあげることで、アトピーの発症を防ぐことがかなり期待できるので本当におすすめです。

 

アトピーの発症率を軽減

肌がカサカサしている赤ちゃん

新生児や乳児といった赤ちゃんは大人に比べて肌が半分程度しかないことで負担がかかりやすくすぐに乾燥してしまうので、しっかりと肌を保湿してあげることがとても重要です。

 

実際に研究結果でわかったことなのですが、新生児や乳児の段階から保湿剤を毎日塗ってあげると、その子のアトピーの発症率を30%以上軽減できることがわかっています。

 

ちなみに、新生児や乳児に塗ってあげる保湿剤は深くこだわる必要はなく、低刺激のものであれば市販で売られているものでも良いといわれています。もちろん低刺激ならどれでも良いということではないですが、とにかく肌がデリケートな新生児や乳児には保湿をして乾燥を防いであげることが根底として大切。

 

生まれた段階ではアトピーでなくても、肌がカサカサで乾燥した状態が続くことによって発症しやすいので、新生児や乳児の頃にとくに肌を守ってあげることで、アトピー体質にならずに健康的な肌として育ちやすいということですね。

 

小さい頃に保湿にこだわってあげるかどうかでその子の一生の肌が決まってくるというのはとても驚きですね。

 

とくに健康な肌に育ててあげたいならアトピスマイル

 

新生児のアトピー対策

新生児乳児には低刺激のものなら市販で売られている保湿剤でも良いとはいっても、やっぱり一生付き合っていくからこそ、自分の子供の肌はより健康的にしてあげたいという方はアトピスマイルがおすすめです。

 

その理由はアトピスマイルは肌を保湿するだけでなく、肌そのものの機能を高めてくれるから。アトピスマイルの最大の醍醐味ともいえる効果は肌を根本的に健康にできることです。

 

新生児や乳児の頃から肌の水分保持能(肌に水分をたくわえる力)を高めてバリア機能を充実させることで、乾燥しにくく刺激にも負けにくいもちもちぷるぷる肌にしてあげられます。

 

ですので、アトピーの発症を軽減させることだけであれば保湿剤選びに深くこだわる必要はないのですが、新生児や乳児の間にどれだけしっかりと保湿をしてあげるかで今後その子の肌の健康度は非常に大きく変わってくるので、今はもちろん将来的にも肌に悩むことが少ないようにしてあげたいのであれば、あなたのお子様にアトピスマイルを塗ってあげるようにしてくださいね。

>>アトピスマイルの公式サイトはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です