湯船に浸かることでアトピーが改善!?画期的なお風呂の入り方

お風呂の湯船

お風呂の湯船

アトピーの方にとってお風呂は症状悪化の原因のひとつになると思われている方は多いです。実際になんの対策もせずに湯船に浸かると肌はかなり乾燥してしまいます。

 

お風呂上がりにアトピー肌がカサカサゴワゴワになってチクチクとかゆくなってしまった経験がある方は多いと思います。ですが、実はこれからお伝えする下記の4つを満たせれていれば、湯船に浸かることでアトピーの症状は劇的に改善することができます。

 

その4つはこちらです。

 

  1. 湯船で皮膚を綺麗にすること
  2. 湯船に浸かることによる過乾燥を防ぐこと
  3. 湯船で思いっきりリラックスすること
  4. 湯船の水分を吸収して保持する

 

それでは順番にできるだけ簡単にわかりやすくお伝えさせていただきますね。

 

1.湯船で皮膚を綺麗にすること

 

シャワーだけよりも湯船に浸かる方が肌は断然清潔になるのですが、アトピーの方はとくにお風呂や湯船に浸かるときに乾燥を恐れすぎてシャワーだけで済ましてしまうことが多いです。

 

ですが、湯船に浸かることを避けているとそれはそれで肌にアレルゲンが侵入してダメージが与えられてしまうので、アトピーに良くありません。

 

ですので、湯船に浸かって肌を清潔にすることはアトピー改善のためにとても大切です。

 

2.湯船に浸かることによる過乾燥を防ぐこと

 

ご存じの通り、なんの対策もせずに湯船に浸かると肌は驚くほどに乾燥します。

 

アトピーの方はとくに、湯船に浸かると肌が過乾燥になり、冒頭でお話させてもらった通り、カサカサゴワゴワといった状態になることが多いです。

 

ですので、湯船に浸かっても肌を乾燥させないことはアトピーの悪化を防いで改善していくためにとくに必須です。

 

3.湯船で思いっきりリラックスすること

 

お風呂で湯船に浸かることはリラックス効果があり、その日の疲れを癒してくれます。

 

ですが、乾燥を恐れたりどうしても面倒だったりすることが原因で、お風呂をシャワーだけで済ましてしまう方がとても多いです。湯船に浸かってゆっくりと一息つくことはストレス解消にもつながりますので、アトピー改善のために必要といえます。

 

4.湯船の水分を吸収して保持する

 

はっきりいって、これができれば湯船に浸かれば浸かるほどアトピーの症状は改善します。

 

実は湯船に浸かること自体は水分を吸収するためにとても良い状態といえます。スポンジを想像してもらえばわかると思うのですが、スポンジは水分に覆われたところに入れたら一気に吸い込みますよね。

 

それと同じで、湯船に浸かることで肌は少なからず水分を吸収してくれます。

 

ですが、アトピーの方はとくにお風呂から出た後は吸収した水分だけでなく湯船に浸かる前に保持していた水分までまるごと蒸発させてしまいます。だからお風呂上がりは乾燥してかゆくなるのですね。

 

つまり逆にいえば湯船に浸かって水分を吸収し、それを保持することさえできれば肌が潤ったままになるので、乾燥やそれが原因によるかゆみを防げてアトピー改善につながるのです。

 

これらを満たした唯一の入浴剤

 

今回は湯船に浸かってアトピーを改善させるために必要な4つの条件をお伝えさせていただきました。とはいっても、湯船に浸かって過乾燥を防ぐとか、さらには水分を保持するなんてできそうにないですよね。それができないからこそ、アトピーの方は湯船に浸かることが怖くなるのだと思います。

 

そんな中、アトピー肌の汚れを清潔にしてくれるのはもちろんのこと、まるで美容液に浸かっているようにアトピー肌に水分を吸収させ、それが蒸発されないようにしっかりと肌の中で保持してくれる入浴剤があったら使ってみたいですよね。

 

そんな入浴剤があったら、それこそ湯船に浸かるたびにアトピーの症状は改善されていきそうです。

 

実は、その入浴剤があるのです!それが肌潤風呂

肌潤風呂

肌潤風呂はアトピーの方が湯船に浸かってそのかゆみや症状を改善させるためにつくられたこれまでにない入浴剤です。実際に肌潤風呂を使い始めてからお風呂上がりや夜寝る前のかゆみが軽減され驚くほどに症状が改善されたという方は数多くおられます。

 

こちらでわたくしかゆみ撃退王が肌潤風呂を実際に使った感想をレビューしているので、良ければ参考程度にでも読んでみてください。

>>肌潤風呂のレビュー記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください