よく噛むことでアトピー改善!?咀嚼回数の重要性

アトピーと咀嚼回数

アトピーと咀嚼回数

小さい頃から食べ物はよく噛むと体に良いと教えられてきた方も多いのではないでしょうか。

 

そんな中、食べ物をよく噛むようにして咀嚼回数を増やしたらアトピーにも効果的なのでは?と思われている方も多いです。実際のところ、食べ物をよく噛むようにして咀嚼回数を増やすことはアトピーにも良いのでしょうか。

 

これに関しては、咀嚼回数を増やすことはアトピーに良いといえます。咀嚼回数を増やせばアトピーの症状を軽減することも期待できます。

 

よく噛むことがアトピーに良い理由

 

食べ物をよく噛むようにして咀嚼回数を増やすことがアトピーに良い理由は主に3つあります。できるだけわかりやすく順番に説明していきますね。

 

1.胃腸への負担を減らす

 

咀嚼回数と胃腸への負担の大小が関係しているのはご存じの方も多いと思います。当然ながら食べ物を噛む回数が少ないと、それが胃腸へと運ばれるときにスムーズに流れてくれずに負担が増してしまいます。

 

そもそもアトピーの方は消化が弱い特徴があるので、咀嚼回数が少ないと消化不良によって胃腸に負担がかかってアトピーが悪化しやすくなってしまうのです。

 

胃腸の負担とアトピーの症状が関係しているなんて不思議ですね。

 

2.アレルゲン分解を助ける

 

このアレルゲン分解はアトピー改善のためにはとても重要です。実は、咀嚼回数が増えると消化器官への負担を減らすことができるので、それによってアレルゲンがきちんと分解されるようになるのです。

 

アレルゲンはアトピーのかゆみを引き起こしたり症状を悪化させるとても大きな原因です。

 

つまり、食べ物をよく噛むようにして分解を促進してアレルゲンを体の中に残さないようにすることでアトピーのかゆみや症状を抑えることが期待できるのですね。

 

3.ビタミン分解も促進

 

また、食べ物をよく噛むようにすると、それに含まれるビタミンがきちんと分解されるようになります。

 

その分解の促進によって抗酸化作用が得られるため、それによってもアトピーの症状は軽減されやすくなります。

 

噛む回数は?

 

食べ物をよく噛むようにして咀嚼回数を増やすことがアトピー改善につながるなんてとても驚きですよね。では、食べ物を噛む回数は何回が良いのでしょうか。

 

これに関しては、決まりはありませんがまずは目安として1口で30回程度噛むようにしましょう。

 

もちろんそれよりも咀嚼回数は増やせればより良いのですが、いきなり回数の目標を大きくし過ぎると続かずに挫折してしまうことが多いです。

 

30回でも充分といえるので、まずは1口食べることにそれくらいの回数噛むことを意識してみてください。

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です