どっち?海水浴でアトピーは悪化する?改善する?

海水浴とアトピー

海水浴とアトピー

夏になると、一度は行きたくなるのが海水浴。海水浴で思いっきり夏らしく遊んだら楽しいですよね。

 

ただそんな中、アトピーをもっていて、海水浴をしたら症状が悪化しそうで怖いと思われている方も多いです。実際のところ、海水浴はアトピーを悪化させるのでしょうか?

 

これに関しては、たしかに海水浴でアトピーが悪化することはあります。ただ、実は海水浴によってアトピーが改善するという方もいます。

 

海水浴とアトピー

 

海水浴をするとアトピーが改善する方もいれば悪化する方もいる理由は主に下記の2つが関係しています。

 

  • 海水の特徴
  • 紫外線

 

それではこれから順番にできるだけわかりやすく説明していきますね。

 

海水は黄色ブドウ球菌を破壊してくれる

 

アトピーの方は、この黄色ブドウ球菌というものを一度は聞いたことがあるかもしれません。皮膚に多く繁殖することでかゆみをつくり出してしまう細菌のことですね。とくにアトピーの方は黄色ブドウ球菌を排除する力が弱いので繁殖しやすいです。

 

ただ、実は海水にはこの黄色ブドウ球菌を破壊してくれるという特徴があります。つまり、海水浴をしていると皮膚に付着している黄色ブドウ球菌が破壊されるので、それによってアトピーのかゆみが軽減されて改善されることがあるのです。

 

そんなことを聞くと『アトピーの方は全員海水浴で症状は改善するんじゃないの?』と思われた方もいると思いますが、そうでもないのです。

 

その理由は、海水浴には黄色ブドウ球菌の破壊力以外にも、肌への刺激や脱脂性が強いといった特徴があるからです。

 

ご存じだと思いますが、海水は肌にしみやすいです。これは、海水には塩分やミネラルが含まれているからです。また、海水は脱脂性が強く、海水浴をした後は海に入る前に比べてはるかに肌はカサカサに乾燥してしまうことが多いです。

 

ですので、アトピーの症状が出ているところに刺激が与えられたら痛みが起きた後にかゆくなりやすいという方や、カサカサの状態になったらすぐにかゆみを感じてしまうという方には海水浴は合わないでしょう。

 

紫外線が合う方はアトピーにも良い

 

また、海水浴によってアトピーの悪化改善が分かれるもうひとつの理由は紫外線によるものです。当然といえば当然なのですが、海水浴をしている間は常に日光からの紫外線を浴び続けています。

 

紫外線は肌に悪いものと思われている方も多いですが、実は紫外線は体の免疫反応を抑制してくれるという効果があります。つまり、紫外線を浴びることによってアトピーのかゆみなどいった反応が抑えられて改善方向へ向かうことがあるのです。

 

ただ、これに関しても紫外線を浴びると肌に赤みができたり、逆にかゆみが引き起こされたりする方もいるので、そのような場合は海水浴は合わないです。

 

いずれにせよ保湿が大切!

 

海水浴によってアトピーが改善しやすい方と悪化しやすい方が分かれる理由についてお伝えさせていただきましたが、今回の記事を読んでいただいてあなた自身『海水浴は合わないかな?』と思われたのであれば、控えておく方が無難です。

 

それに対して『もしかしたら海水浴は自分のアトピー対策に合っているかも!』と思われたのであれば、様子を見ながら海水浴を試してみる価値はあります。

 

ただ、さきほどお伝えさせてもらった通り、海水は肌をかなり乾燥させてしまいます。ですので、あなたがもしカサカサに乾燥してしまってもすぐに肌はかゆくならないから大丈夫と思われているとしても、海水の強い脱脂性によって時間差でかゆくなってしまうことも充分にありえるので、海水浴の後はしっかりと全身を保湿してあげるようにしましょう。

 

このサイトで何度もお伝えさせてもらっていますが、自分に合った保湿は驚くほどアトピーを改善方向へと向かわせてくれるので、保湿は怠らないようにしてくださいね。

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください