肌潤糖は自分で作ることができる!?調べてみました

肌潤糖の中身

肌潤糖の中身

アトピーケアやニキビケアとして非常に高い人気を誇っている肌潤糖。ご存じの方も多いと思いますが、肌潤糖は砂糖を原料にしてつくられています。

 

原料が砂糖ということは、もしかしたら肌潤糖は自分で作ることもできるのでは?と思ったことはないでしょうか。

 

実際のところ、肌潤糖は自分で作ることもできるのでしょうか。

 

これに関しては、肌潤糖は自分で作ることはできません。

 

特殊な技術だから効く!

 

肌潤糖の原料はビート糖(てんさい糖)です。ただ、当たり前ではありますが、これをそのまま塗ったら良いということではありません。

 

ビート糖を含め、砂糖は粒がかなり角ばっているので、そのまま塗っても肌に浸透していかないどころか、傷をつけて余計に症状を悪化させてしまうリスクすらあります。

 

肌潤糖は肌を一切傷付けずにきちんと浸透させるために、特殊な技術を使ってビート糖の粒一つ一つの角を丸くなめらかにしています。そのなめらかさはすごく、通常のビート糖だと大人の方に塗っても肌が傷つくくらいなのに、肌潤糖は大人の方の肌はもちろん、赤ちゃんの肌に塗っても傷付けずにどんどん角質層へと浸透されていくほどです。

 

また、肌潤糖はより肌へのやさしさを追求するために、角を丸くするだけでなくビート糖の周りに植物性のオイルがコーティングされています。それによってより肌への安全性が高まり、アトピーのように非常に刺激に弱い方でも優しくなじんでいき、症状の改善につなげることができるのです。

 

このように肌潤糖は、専用の特殊な技術によって角を丸くし、さらには周りにコーティングをつくることで肌へのやさしさと、他を圧倒するほどの浸透力をつくり出すことができているので、自分で作ることはできないのです。

 

使えば納得

 

今回は肌潤糖は自分で作ることはできないということをお伝えさせていただきました。

 

肌潤糖は砂糖を原料にしているからか、自分でもつくれそうだと思っている方は実は意外と多いです。

 

ですが、実際は肌潤糖は単純そうで難しい技術を駆使して作られているので自分で作ることはできず、どうしても購入する必要がありますが、使えばこれまで感じたことがないくらいの改善効果が期待できますので、あなたもその技術に納得できるはずです。

 

こちらにわたくしかゆみ撃退王が肌潤糖を実際に使ってみて感じたことなどをレビュー記事にしてまとめているので、良ければ参考程度にでも読んでみてください。

>>肌潤糖のレビュー記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です