目の周りのアトピー改善!使うべき保湿剤は?

目の周りのアトピー

目の周りのアトピー

目の周りアトピーに悩んでいる方はとても多いです。目の周りに症状が出ていると、どうしてもアトピーということが目立ってしまいますし、見た目に影響しやすい部位だけあって、年齢以上に老けて見られてしまいます。

 

かといって、目の周りというデリケートな部分にステロイドやプロトピックは使いたくないと思っている方も多いでしょう。ステロイドやプロトピックを使わずに、目の周りのアトピーを治したい場合、どのような保湿を行なっていくべきなのでしょうか。

 

これに関しては、目の周りの皮膚が自ら水分を吸収しやすくなる保湿剤を使うことが早く治す為には必要になってきます。

 

皮膚が自ら水分を吸収しやすくなる保湿剤といっても、そもそもそんな保湿剤を知らない方や、ピンときていない方も多いかもしれませんが、実際に存在します。例えば、尿素入りの保湿剤。尿素入りの保湿剤は、空気中などあらゆる場所から水分を引き込んで肌に溜めて保湿してくれる効果があります。

 

ただ、尿素入りの保湿剤は使い続けると逆にアトピーが悪化してしまうリスクが高まるので正直おすすめできません。

>>尿素入りの保湿剤とアトピー肌の相性!おすすめなのか?

 

つまり極端な話、尿素のような効果がありながら、使い続けても悪化しない保湿剤を使えば目の周りのアトピーは治せるということです。今回は、目の周りのアトピーを早く治すためにするべき保湿についてお話していきます。

 

目の周りのアトピー

 

目の周りのアトピーといっても、カサカサしている人、赤みができている人、掻き過ぎて腫れあがってしまっている人など症状は違います。ただ、これらの目の周りのアトピーの症状について共通していえることがあります。

 

それが、目の周りのアトピーは一度悪化するとそこから治すのが意外と難しいということ。

 

目の周りは非常に皮膚が薄く、ちょっとの刺激でかゆみが引き起こされやすい部位です。ですので、少しの刺激だけで掻いたり、目をこすったりしてしまうことが多くなり、だんだんと目の周りのアトピー症状が悪化し、完全に治りにくくなっていってしまうのです。

 

皮膚の薄さを利用すれば治せる

 

目の周りのアトピーは皮膚が薄く刺激に弱いことで、かゆみが引き起こされやすいと説明させていただきました。ただ、逆にいえば目の周りは皮膚が薄いので、その分、水分を吸収しやすいというメリットもあるのです。

 

つまり、冒頭でお伝えさせてもらった、「目の周りの皮膚が自ら水分を吸収しやすくなる保湿剤」を使えば、他の部位よりもはるかに水分を吸収することができるということ。それが、目の周りのアトピー改善の近道になるのです。

 

また、そのような保湿剤は、浸透力や保湿力も非常に高く、乾燥を効率的に防ぐことができるので、比較的早くかゆみも軽減されていくはずです。

 

目の周りのアトピー改善に適した保湿剤

 

目の周りの皮膚が自ら水分を吸収しやすくなる保湿剤とはいっても、具体的にどの保湿剤がそのような効果があるのでしょうか。

 

  • その効果があり、目の周りの保湿としてとてもおすすめなのは、肌潤糖です。

肌潤糖本体

 

肌潤糖はビート糖を主成分としてつくられているのですが、その成分がまさに皮膚が自ら水分を吸収しやすくなる効果を高めてくれるので、目の周りにも大きな効果を期待できます。

こちらにわたくしかゆみ撃退王が肌潤糖を実際に使って感じた効果と全体的な感想をまとめてるので、良ければ参考にしてみてください。

>>肌潤糖を使った感想のレビュー記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください