アトピーの保湿で肌に熱がこもる方へ!その原因と対策

かゆみ

保湿で熱がこもる

アトピー肌が乾燥してしまうのを防ぐために毎日保湿をしているけれど、保湿剤を塗るとどうしても肌に熱がこもる。そもそも、保湿をすると肌に熱がこもる原因は何なのでしょうか。

 

保湿すると熱がこもる理由は、その保湿剤に含まれる油分によって肌に膜(バリア)をつくっているからです。

 

このサイトで何度かお伝えさせてもらっているのですが、油分は肌に膜をつくり、肌の中に溜まっている水分が外へ逃げていかないようにしてくれる効果があります。それによって肌の水分蒸発を防ぎ、乾燥から守ってくれているのですが、「肌に膜をつくる=肌の温度が下がりにくくなる」ということですので、結果的に熱がこもることになってしまうのです。

 

肌に熱がこもること自体は悪くはないのですが、それによってアトピーのかゆみが引き起こってしまう方にとっては当然良いこととはいえません。肌を掻くことで熱のこもりはある程度解消されるのですが、それでは結局アトピーの症状が悪化してしまうので逆効果です。

 

ですので、保湿によって熱がこもることが原因でアトピーの肌がかゆくなってしまう方は、その対策が必要なのです。今回は、肌に熱がこもることでアトピーのかゆみが出てきてしまう方におすすめの対策についてお話していきますね。

 

バリア保湿が必要な理由

 

そもそも、肌に熱がこもるにも関わらず、どうしてアトピーの多くの方が油分を含む保湿剤を使われているのでしょうか。

 

その理由は、保湿力がかなり高いからです。

 

大きく分けると、アトピーの方に使われる保湿剤には、肌に膜(バリア)をつくるものと、肌に水分を溜めこみ保持するものがあります。ただ、アトピー肌はもともと乾燥していることに加え、水分を保持しにくいという特徴があるので肌に膜(バリア)をつくらないと、どれだけ水分を与えてもすぐに蒸発してしまって結局ガサガサに乾燥してしまうのです。

 

だから、油分の力で肌に膜(バリア)をつくる必要があるのですね。

 

熱をこめずに保湿する対策方法

 

油分を多く含む保湿剤を塗ると熱がこもることで肌がかゆくなるけれど、熱をこもらないような保湿剤を塗るとすぐに乾燥してしまい、結局肌がかゆくなる。このような悪循環から断ち切る為には、どのような対策をとっていくべきなのでしょうか。

 

その場合は、アトピーであっても水分を溜めこみやすく、かつ保持できる肌にすることがとても有効な対策となります。簡単にいえば、肌が自分で水分を保持する力を高めることができれば肌に熱がこもる保湿剤を塗る必要がなくなり、それが原因によるかゆみから解放されるということです。

 

  • 肌が自分で水分を保持する力を高めてくれる保湿剤なら肌潤糖。

肌潤糖を開封

 

肌潤糖はビート糖という砂糖を原料でつくられているのですが、その力によって、アトピー肌であっても使い続けていくうちに肌の保湿力が上がることに加え、肌が水分を自力で溜めこみ、それを保持する力が高まります。

 

こちらにわたくしかゆみ撃退王が肌潤糖を実際に使った感想をレビュー記事としてまとめているので、保湿で肌に熱がこもるとかゆくなってしまう方は、その対策として良ければ読んでみてください。

>>肌潤糖を実際に使った感想をまとめたレビュー記事はこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です