アトピーの保湿の頻度?改善する回数は何回?

保湿は何回が良い?

保湿は何回が良い?

アトピーだと、乾燥対策として保湿剤を塗って肌の保湿をされている方がほとんどだと思います。ひとこと保湿をするといっても、その回数は人それぞれなのですが、アトピーを改善していく為に、保湿剤を塗る回数はどれくらいの頻度にするべきなのでしょうか。

 

これに関しては、基本的には朝起きたときと、お風呂上がりの2回にするのが良いです。今回はアトピーの保湿の回数についてお話していきたいと思います。

 

塗りすぎは逆効果?

 

アトピー肌の乾燥を防ぐ為には、朝と夜2回だけではなく、日中も保湿剤を持ち歩き、肌が乾燥したと感じたら保湿した方が良いと述べている方もいます。ですが、実はこれはアトピーを改善していく為にはあまり良いこととはいえません。

 

その理由は、保湿の依存リスクです。アトピーの人にしかわからないことですが、保湿剤を塗った後は、カサカサが和らぎ、肌が少し守られた感覚になると思います。この感覚になること自体は悪くはないのですが、日中にも保湿をするクセをつけてしまうと、その保湿剤を塗ったすぐ後の状態が普通に感じてきてしまいます。

 

そうなると、肌のベタつきが少しなくなっただけで、「乾燥してやばい」と感じ、保湿をしないと肌がかゆくなる状態になってしまうのです。つまり、日中でも保湿しないといられない、いわゆる保湿依存の状態に陥ってしまうのです。

 

実際に保湿に依存してしまって、毎日異常な回数保湿剤を塗っている方もいます。ですので、保湿の回数を増やしていくことは正直危険なのです。

 

かといって、保湿回数が少なすぎるのもアトピー肌を乾燥させてアレルゲンがすぐに侵入してしまう無防備な状態になってしまうので、朝起きたときと、乾燥しやすいお風呂上がりに保湿をしてあげるのがバランスがとれていて良いのです。

 

ちなみに、かゆみ撃退王がアトピーを劇的に改善したとき行なっていた保湿の回数も、この2回でした。

 

塗る保湿剤選びも重要

 

アトピーを改善する為の保湿の回数は2回が良いといわせていただきましたが、ただ2回保湿剤を塗っていれば良いということでもありません。

 

塗っていく保湿剤選びも本当にとても重要です。起床時とお風呂上がりの保湿だけでアトピーの乾燥肌が改善されていくほどの保湿力がある保湿剤を選ぶ必要があります。一度塗ったらアトピー肌でも長時間保湿が持続する保湿剤を選ばないといけないということですね。

 

長時間保湿をキープする為には、ワセリンのように肌の外側にバリアをつくるような保湿では不十分で、肌自体に潤いを与え、それを持続できる保湿剤を選ぶ必要があります。

 

そもそもそのような保湿剤はあるのか?ということなのですが、アトピー肌自体に潤いを与え、それをキープできるほどの保湿力があることで人気を集めており、実際にかゆみ撃退王もおすすめしているのは、肌潤ろーしょんです。

 

かゆみ撃退王も使っているのですが、アトピーの肌に水分が吸収されていき、それがキープされている感覚は非常に評価できるものだと思います。こちらにかゆみ撃退王が実際に肌潤ろーしょんを使った感想をレビューしているので、良ければ読んでいただき、あなたの保湿の参考にしてみてください。

>>かゆみ撃退王が肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果をまとめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください