にんじんはなぜアトピーに良い!?βカロテンが凄い!

にんじんのアトピー改善効果

にんじんのアトピー改善効果

アトピーの方にとって、にんじんは是非積極的に食べていただきたい食べ物です。どうして、アトピーににんじんはとても良いのでしょうか。

 

それは、にんじんはβカロテンの含有量がとても多いからです。

 

βカロテンはアトピーにとても良いはたらきをしてくれます。今回は、アトピーとにんじんに含まれるβカロテンについてお話していきます。

 

βカロテンの効果

 

にんじんにかなり多く含まれるβカロテンですが、その効果は主に下記の2つです。

 

  • ビタミンAへの変換
  • 抗酸化作用

 

それでは具体的に説明していきますね。

 

ビタミンAへの変換

 

そもそも、ビタミンAは、皮膚や粘膜を強くし、アトピー肌をさらなる乾燥から守ってくれる効能があるのでアトピーの方にとって必要不可欠な栄養素です。ビタミンAが不足してしまうと、アトピーによる肌の乾燥がひどくなり、また粘膜も弱ることで、皮膚のバリア機能が低下し、さまざまなアレルゲンが皮膚内に侵入しやすくなり、それらがかゆみや炎症を引き起こす原因になります。

 

そこで活躍してくれるのが、にんじんに多く含まれるβカロテンです。

 

βカロテンは、体内でビタミンAが不足している場合、その不足している分だけビタミンAに変換してくれるのです。つまり、βカロテンを摂ると、体内でビタミンAが必要な分だけそれに変わってくれる効果があり、補ってくれるのです。

 

残った分はβカロテンの効果!

 

にんじんにたくさん含まれるβカロテンは、体内で不足しているビタミンAの分だけそれに変換してくれる。そう聞くと、「必要な分だけビタミンAに変換してくれるのはわかったけど、残ったβカロテンはどうなるの?」と気になった方もおられると思います。

 

嬉しいことに、βカロテンは必要な分だけビタミンAに変換して、残った分もアトピーにとても非常に良いはたらきをしてくれます。

 

それが、抗酸化作用です。

 

抗酸化作用とは活性酸素を抑制する力のことで、簡単にいえば、肌を老けさせない為の働きです。例えば、自転車などでも、新品のときはピカピカですが、酸化してしまうとサビまるけになってしまいます。

 

いってみれば体内でも同じことが起きており、体の中に活性酸素が溜まってしまうと血管や細胞が弱り、肌も老けていってしまいます。体内に活性酸素が溜まると、アトピーの症状は悪化しやすく、炎症も起きやすくなってしまいます。

 

ただ、にんじんにたくさん含まれるβカロテンはこの活性酸素を抑制する抗酸化作用があり、肌を若く保つ効果が非常に高いです。それによって、アトピーの症状を良くしたり、悪化を防ぐ力を高めてくれるのです。

 

にんじんにたくさん含まれるβカロテンは、必要な分だけビタミンAに変換して皮膚や粘膜を健康に保ち、残った分はβカロテンの効果として皮膚の若さを保ってくれる。

 

アトピーの症状を良くし、また悪化させにくい体質をつくるためにはとても重要な栄養素なのです。

 

おすすめはにんじんジュース!

 

にんじんにたくさん含まれるβカロテンの凄さはわかっていただけたかと思います。にんじんに含まれるβカロテンは主に皮にあるので、できれば皮は切らない方が良いです。

 

そういった意味で、にんじんの皮は切らずにミキサーに入れて、にんじんジュースなどにするのがおすすめです。もちろん、あなた自身がにんじんジュースにするよりも、そのまま食べる方が続けやすいのであれば、そうするべきです。

 

にんじんにたくさん含まれるβカロテンがどれだけアトピーに良いといっても、続けないと効果は出ません。ですので、あなたにとって続けやすい方法で、できるだけ積極的ににんじんを摂取するようにしましょう!

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください