アクアゲルマジェルの効果は!?アトピーや乾燥肌は良くなる?

アクアゲルマジェルとアトピー

アクアゲルマジェルとアトピー

アトピー肌や乾燥肌用の保湿剤としていま注目を集めているアクアゲルマジェルですが、本当にアトピー乾燥肌も改善されるほど効果はあるのでしょうか。

 

これに関しては、アクアゲルマジェルをきちんと塗れば、アトピーや乾燥肌の改善はかなり期待できます。

 

今回はアクアゲルマジェルがアトピーや乾燥肌の改善に大きな効果を期待できる理由についてお話していきたいと思います。

 

角質層の中へ染みこむ!?

 

アクアゲルマジェルはアトピーや乾燥肌の改善としてとても高い効果を期待できるのですが、その大きな理由が圧倒的な浸透力の高さ。

 

よく市販で売られているような一般的な保湿剤は、肌に塗って潤っているようでも、実際は角質層の中までは浸透させることはできておらず、表面ではじかれてしまっています。ですので、塗ったときは保湿されているように感じても、時間が経つとまたいつものようなアトピー肌や乾燥肌の状態に戻ってしまうのです。

 

ですが、ここがアクアゲルマジェルの凄いところ。

 

アクアゲルマジェルは、実に通常の10億分の1にまでナノ化されたナノ還元水をベースにつくられているので、他の保湿剤と比べても角質層への浸透力がまるで違います。市販で売られているような保湿剤では、アトピー肌や乾燥肌の角質層の中まで染みこませることはできないのに比べ、アクアゲルマジェルなら角質層の中までしっかりと入り込み浸透してくれます。

 

塗るたびに、しっかりと角質層の中へ浸透してくれるので、使えば使うだけアトピー肌や乾燥肌が改善されていくのです。改善されるというよりも、アクアゲルマジェルを使い続けることで乾燥した肌が正常の肌へ戻っていくという表現が正しいでしょう。

 

市販で売っている保湿剤のような、ただ保湿をするだけのものとは違い、アトピー肌や乾燥肌を正常な肌へ戻してくれるという点がアクアゲルマジェルの大きな強みだと思っております。

 

皮膚を強くする!

 

皮膚には、最外層(最も外側に位置するところ)にCEというタンパク質でできた膜があります。よく、皮膚のバリアとよばれるところです。

 

アトピー肌や乾燥肌の方はCEが弱いことで、外からのアレルゲンが侵入しやすく、刺激を受けて悪化してしまいやすいのですが、アクアゲルマジェルに含まれる有機ゲルマニウムの効果によって、このCEに働きかけて強く丈夫にしてくれます。

 

正直、1回や2回使ったくらいでは、CEを強くすることはできませんが、使い続けることで、アトピー乾燥肌が悪化しにくく、強いバリア力のあるCEを形成することができます。

 

傷口を早く治す!

 

かゆみ撃退王がアクアゲルマジェルを気に入っている最大の点が傷口の修復の早さです。

 

市販で売られているような一般的な保湿剤は、名前の通り保湿をすることに特化しているので、保湿はできてもその箇所を修復する力はほぼないです。自然に治っていくのを待つしかないということですね。

 

それに対し、アクアゲルマジェルには、リピジュアという医療でも実際に使用されている高保湿成分を含んでおります。それによって、アトピーや乾燥肌のかゆみによる掻きむしりなどによってできてしまった傷口も早く修復してくれる効果があるのです。

 

もちろん、ステロイドとは全く違うので副作用もありません。

 

こちらにかゆみ撃退王がアクアゲルマジェルを使って実際に感じたことをもっと具体的にレビューしているので、良ければ読んでみてください。

>>かゆみ撃退王がアクアゲルマジェルを使って感じたことを正直にレビューしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください