どうして?アトピーの人が口内炎になりやすい理由!

アトピーと口内炎

アトピーと口内炎

アトピーをお持ちの方で、口内炎ができやすいと感じている方は結構多いです。アトピーと口内炎ってあまり関係がないようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

実は、アトピーの方は口内炎になりやすい体質であるといえます。その原因は腸内環境にあります。

 

腸内環境は、体を病気から守る免疫ととても深いつながりがあるのですが、その中で口内の免疫とも深く関係しております。つまり、腸内環境が悪化すると口内の免疫が低下してしまうことで、口内炎ができやすい状態になってしまうのです。

 

アトピーの方は胃腸が弱く、腸内環境があまり良くない方が比較的多いので、どうしても口内の免疫も弱く、口内炎になりやすい体質にあるのです。

 

腸内環境を良くする!

 

アトピーで腸内があまり強くない方でも、それを改善して口内炎をできにいくい体にするにはどうすれば良いのでしょうか。

 

その為には、そのままの回答にはなりますが、腸内環境を良くすることがとても大切です。そして、腸内環境をてっとり早く良くする為には、その効果のある食べ物を食べること。

 

腸内環境を良くして、アトピーでも口内炎をできにくい体にする為の食べ物として有効なのは、やはりヨーグルトです。ヨーグルトの中でも、ビフィズス菌を含んでいるものは、善玉菌を増やしてくれるので、腸内改善につながり、口内炎をできにくい状態にしてくれます。

 

ですので、アトピーで口内炎ができやすいという方は腸内環境を良くする為に、ビフィズス菌を含んだヨーグルトを積極的に食べるようにしましょう。

 

ビタミンCが原因の方もいる!?

 

アトピーの方は腸内環境が比較的弱いことが原因で口内炎ができやすいとお話させてもらいました。実は、それ以外でも口内炎が発症しやすくなってしまう原因があります。

 

それが、ビタミンCの過剰摂取です。

 

ビタミンCは皮膚を健康にする為にとても重要な栄養素なのですが、摂り過ぎると、酸が口内の粘膜を破壊しやすくなって口内炎をできやすくしてしまうといった特徴もあるのです。

 

ビタミンCを過剰摂取していると口内炎ができやすくなること自体は、アトピーをもっているかどうかは関係ないのですが、アトピーの方は、乾燥肌の対策としてビタミンCを積極的に摂られている方が多いので、今回説明させていただきました。

 

これは体質とも深く関係しているので、ビタミンCをどれだけ摂っても口内の粘膜に異常が起きない方もいます。ただ、ビタミンCを過剰摂取している方は、それが原因で口内炎ができやすい状態になってしまっている可能性もあるということは覚えておいてくださいね。

 

ちなみにですが、「ビタミンCの摂り過ぎで口内炎になってしまっているかも?」と感じた方は、その摂取量を減らしても良いと思います。ビタミンC自体は、過剰摂取しても必要量以上は尿として排出されるので問題はないのですが、口内炎ができやすくなっているということは、必要量以上摂れている証拠です。また、必要量以上摂れているということは、少し減らしたくらいでアトピー肌への効果は変わらないからです。

 

そこに関しては強制はしませんが、あなた自身の体の状態をご相談してみてください。

 

今回はアトピーと口内炎の関係についてお話させていただきました。

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください