日焼け止めでアトピーが肌荒れ!?その原因は?

日焼け止めクリーム

日焼けを防ぎたいときは日焼け止めを塗るようにしている。でも日焼け止めを塗ったら必ずといっていいほど、アトピーが肌荒れしてしまう・・・。これって防ぎようがないのかな?

このように悩まれている方は多いです。

 

ですが、アトピーだからといって日焼け止めを塗ったら必ず悪化するなんてことはありません。アトピー肌にも使える日焼け止めを使ったら、それが現認による肌荒れは防ぐことができます。

紫外線吸収剤入りのものは選ばないで!

日焼け止めを塗るとアトピーが肌荒れしてしまうという方は、日焼け止めの選び方を間違えている可能性が高いです。

ひとこと日焼け止めといってもたくさん種類があるのですが、アトピーの方は日焼け止めによる肌荒れを防ぐ為に、紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶことを最低条件として頭に入れておいてください。

 

紫外線吸収剤とは、紫外線をしっかりと吸収して他のエネルギーに変換してくれる効果があります。これによって紫外線を防止する効果は高まるのですがデメリットもあります。それが、肌への刺激が非常に強いことです。

 

肌が元々強い方であれば、紫外線予防の効果をより高める為にも紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めを選ぶ方が良いこともありますが、アトピーの方のように皮膚が弱い方は、それを使うことで肌荒れをしてしまうケースが多いので、絶対におすすめできない成分です。

紫外線散乱剤入りのものを選ぼう!

アトピーの方でも肌荒れしにくい日焼け止めを探しているのなら、紫外線散乱剤という成分を含んでいる日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

紫外線散乱剤は紫外線を吸収するのではなく、肌から反射することで紫外線予防の効果を発揮してくれる成分です。

紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤に比べると紫外線予防の効果は弱まりますが、肌への刺激は少ないので日焼け止めによってアトピーの肌荒れを起こしてしまうリスクはかなり低くなります。

できるだけ洗顔で落としやすい日焼け止めがより良い!

ただ、紫外線散乱剤を含んでいれば良いということではなく、アトピーの方が肌荒れをしない日焼け止めを選ぶ際には、もうひとつ注意をしていただきたいことがあります。

 

それが、石鹸で日焼け止めを落とすことができるのかということです。

 

紫外線散乱剤を含んでいても、お風呂で専用のクレンジングを使わないと落とせないというような日焼け止めの場合、そういったものは基本的に肌への刺激が強いので、クレンジングによってアトピーの肌荒れを引き起こしてしまうきっかけになってしまいます。

 

ですので、日焼け止めは塗りたいけれどアトピーで肌荒れをしてしまうという方は、紫外線散乱剤を含んでいて、石鹸で充分に落とすことができる日焼け止めを選ぶようにしてみてください。

 

薬局へ行って「紫外線吸収剤を含んでおらず紫外線散乱剤を含んでいて、洗顔ですぐに落とせる日焼け止めを探している」と伝えればそれに合ったものを紹介してくれると思います。

できれば使用感にもこだわってみて

あと、これは極力で構わないのですが、日焼け止めを選ぶ際は、いま塗っている保湿剤と使用感が似ているものが良いと思います。保湿剤と塗った感覚が全然違うものだと、どうしても日焼け止めを塗った後に違和感を感じてしまうので、それによってかゆくなって肌荒れしてしまうことがあるからです。

 

ちなみに、日焼け止めは病院では処方をしてもらえません。ですので、薬局などへ行ってこの記事に書いている条件を満たす日焼け止めを選ぶようにしてアトピーでも肌荒れをしないように努めてみてください。

 

あと、アトピーの肌荒れを防ぐ為に、日焼け止め選びはとても大切ですが、それに加えて、日焼け止めをしっかりと落とせる石鹸を使うことも、とても大切です。とくにアトピーの方は悪化を防ぐためにもこだわっていただきたいことです。

 

こちらにアトピーの肌に塗った日焼け止めを落とす石鹸は、どのようなものを選ぶべきかについて説明しているので、良ければ参考にしてみてください。

>>アトピーの方へ!日焼け止めを落とす石鹸選びの条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です