日焼けでアトピーが悪化しやすい原因は何?おすすめの保湿対策も紹介

真夏の太陽

夏になるとなかなか簡単には防ぐことができない日焼け。日焼けによってアトピーが悪化してしまう・・・。日焼けしてもアトピーを悪化させない方法はないのかな!?

 

日焼けによってアトピーが悪化してしまった方、または悪化を防ぎたい方へお伝えしたいのですが、日焼けによるアトピー悪化を防ぐためには、普段よりもさらに保湿が重要になってきます。

アトピー肌は日焼けしやすい!?

そもそも、アトピーの方は肌を守るバリア機能が弱いので、他の方よりも日焼けをしやすいという特徴があります。アトピーの方が日光に当たると、すぐに顔が赤くなったりして日焼けしてしまうのはその為ですね。

 

日焼けで肌荒れしてしまう原因のひとつが紫外線のダメージなのですが、アトピーの方はさきほど説明した通り皮膚のバリア機能が弱いので、紫外線のダメージを受けやすく、結果的に肌荒れをしてしまうリスクが高くなってしまうのです。

 

ちなみにですが、肌の乾燥が強いほど紫外線から受けるダメージも強くなってしまうので、アトピーによる乾燥がとてもひどい方はとくに注意が必要です。

日焼け対策の保湿で重要なのはバリア機能

アトピーの方でも、保湿によって日焼けによるアトピーの悪化を防ぐことができるのですが、どの保湿剤を選んでも良いということではありません。

 

日焼けによるアトピー悪化を防いだり、日焼けによって悪化してしまったアトピーを早く回復するために良いとされるのは、皮膚の表面にバリアをつくってくれる保湿剤です。ワセリンなど油分の多い保湿剤がそれにあたります。

 

ワセリンを肌に塗ることで、皮膚の表皮にしっかりとバリアをつくってくれるので、日焼けによって受けているお肌のダメージを軽減することができます。

 

日焼けによるアトピー悪化を防ぐ為には、日光や紫外線によってお肌が受けるダメージを少しでも和らげてあげることが重要なので、ワセリンのような肌にバリアをつくってくれる油分の多い保湿剤がとてもおすすめなのですね。

 

ただ、ワセリンはあくまでお肌にバリアをつくっているだけであり、肌自体に潤いを与えているわけではありません。

 

ですので、日焼けによるアトピーの悪化をもっと徹底的に防ぎたいのであれば、皮膚にバリアをつくるだけのワセリンよりも、バリアを作りつつ肌自体に潤いを与えられる保湿剤を使うとより悪化を防げる確率は高まります。

 

このような保湿剤はアトピーのかゆみが軽減されることにもつながるので、できることであれば日焼けによるアトピー悪化を防ぎたいときだけに限らず、毎日でも使っていただきたいくらいです。

ちなみに、わたくしかゆみ撃退王が日焼けによるアトピー悪化を防ぎたい方におすすめしているのがもずの魔法ローションです。もずの魔法ローションはさきほど説明したバリアをつくりながら、肌自体に潤いを与えてくれるので、アトピーの方にはもってこいですね。

 

もちろん、日焼けによるアトピー肌のダメージを防ぎたいならもずの魔法ローションじゃないとダメということではありません。むしろ、あなたが日焼け対策の保湿剤で自分のお肌に合っているものがあるなら、それを使っていただくべきです。

 

とにかくいいたいことは、日焼けは想像以上にアトピー肌にダメージを与えてしまうということです。ですので、アトピー肌を日焼けから守るためにも、しっかりとしたバリアを作り、しっかりと潤いを与えてあげることは忘れないようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください