お酒を飲むとどうしてアトピーは痒くなるの?原因は血管!?

アトピーのフケに悩む男性

お酒を飲むと、アトピーが普段よりも痒くなるという経験をされたことがある方はいるでしょうか。おそらくアトピーであればほとんどの方が一度は経験したことがあるかと思います。

 

この原因は何なのでしょうか?

 

お酒を飲むとアトピーが痒くなる原因は、毛細血管の拡張が関係しております。

皮膚への刺激になる

お酒を飲むと、アルコールの成分が血管を広げるはたらきをします。血管が広げられることで、血液は普段よりも流れが良くなります。それによって皮膚の神経に刺激が加わってしまうので痒くなるのです。

アトピーではない方でも、湿疹などができているときにお酒を飲んだらそこの部位は痒くなりやすいです。

 

アトピーを持っていない方でも痒くなることがあるくらいですので、アトピーの方にとってはお酒を飲むことでかゆみが発生してしまうのは、いってみれば当然なのです。

アトピーの方はお酒は飲まないべき?

アトピーの方はお酒を飲んだら痒くなるのであれば、飲んではいけないのか?と考える方もいると思います。

 

かゆみ撃退王は、アトピーが痒くなるのであれば、正直その症状が改善されるまで、お酒は控えた方が良いと思っております。

 

昔は、お酒が飲めない人は出世しないとかいわれていましたが、いまはそんな時代じゃないです。むしろ、お酒が飲めなかったら出世しないとか、未だにそんなわけのわからない考えをもっている人は嫌われる時代になってきました。

 

アトピーを悪化させてしまう最大の原因は痒みです。アトピーの症状が出ている方が、お酒を飲んで痒くなったことが原因でさらにその症状をひどくなったらとても辛いですよね…。そこまでしてまでお酒を飲む必要はありません。

 

まずはアトピーをしっかりと治すことに集中するようにしていただきたいです。

 

ただ、これはアトピーの症状が落ち着くまでの話です。アトピーを持っているとしても、症状が落ちついたらお酒を飲んでも痒くなることはほとんどなくなります。

 

かゆみ撃退王は、もともとあまりお酒を飲まないのですが、症状がほとんど治ってからはお酒を飲んでも痒くなることはほぼなくなりました。

 

正しいアトピーケアをすれば必ずアトピーの症状は今よりも良くなっていくので、痒くなることがなくなるまではお酒はできるだけ控えるようにしましょう。

日本人にとってお酒は武器でもある

あと、これはアトピーの話とは少し変わりますが、お酒は日本人にとっては、ある意味とても大切な武器であると思っております。飲み過ぎず楽しく飲むくらいであれば、良いこととも思いますし、恋愛や仕事でのコミュニケーションのためにも大切なことではあります。

 

元々お酒が好きではないのに、無理やり飲む必要は決してありませんが、好きなのにアトピーが痒くなることが原因で、ほとんど飲めなくなるのはなんだか悔しいですよね。

 

あなたも他のみんなのように、宴会でアトピーのことを気にせずにワイワイ騒ぎたいと思ったことはあると思います。そういった方にこそ、早くアトピーの症状を良くしていただきたいと思っております。

 

この記事を読んでいただいているあなたもアトピーを改善して、痒くなる心配なんてせずに楽しくお酒を飲めるように、いまはアトピーケアを頑張っていきましょう。


下記は、かゆみ撃退王の重度のアトピー肌を救ってくれた貴重な症状別おすすめ3選です。


  • 【お風呂上がりに肌がガサガサゴワゴワになる方へ】

肌潤風呂の紹介分
>>かゆみ撃退王が肌潤風呂を使った検証記事がこちらです

  • 【脱ステを目指したい方へ】

サラヴィオ美容液の紹介文
>>かゆみ撃退王がサラヴィオ美容液を使った検証記事がこちらです

  • 【アトピーにみえない肌になりたい方へ】

アトピスマイルの紹介文
>>かゆみ撃退王がアトピスマイルを使った検証記事がこちらです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です