お酒でアトピーの箇所が特に赤くなるのを防ぐ方法はない?

お酒を飲む

アトピーの方がお酒を飲むことに対する悩み・・・。そのひとつが、お酒を飲むと極端に肌が赤くなることですよね。

お酒を飲むとアトピーの箇所がとくに赤くなるのを、なんとかしたいと思ったことはないでしょうか。わたくしかゆみ撃退王も元々お酒は強くないですし、アトピーがひどかった時はとくに、お酒を飲むとすぐに顔だけではなくて全身がすぐに赤くなることに悩んでいました。

 

ただ、残念なのが、これをすればお酒を飲んでもアトピー肌が赤くなるのを確実に防ぐことができるといった方法がないということです。

 

ですが、諦めの悪かったかゆみ撃退王は、それでもなんとかしてお酒を飲むと赤くなること、とくにアトピーの箇所が赤くなるのをどうにかしたいと思って色々と試してきました!

 

完全ではありませんが、それでもお酒を飲んだときにアトピー肌が赤くなる症状を軽減できる方法を見つけたので、ご紹介させていただきますね!

事前の食事で赤くなるのを軽減!

お酒を飲んでもアトピー肌が赤くなるのを防ぐ効果があった第一の方法は、お酒を飲む前に食事をとっておくことです。食事をとっておくといっても、一般的によくいわれているように、軽くお腹に入れておくといった程度のものではありません。

 

事前に、最低でも腹四分目から腹五分目くらい、理想は腹六分目くらいにしておくと、お酒でアトピーの箇所が赤くなるのをかなり防ぐことができました。飲み会が始まる前に家である程度食べておくのです。それをするとアトピーでもお酒で赤くなるのをかなり防げました。

 

これだと飲み会であまり食べることができないから不自然じゃないか?と感じる方もおられるかもしれませんが、お酒の席って普段に比べると、食べる量ってかなり少ないので、あまり食べなくても意外と違和感を感じません。

というよりもかゆみ撃退王の場合は、居酒屋で一品料理をつまむように、ちょっとずつ食べるのが好きではなくて、お腹の足しにもならないと感じてしまうので、事前に食べておく方がちょうど良かったです。

 

もっといえば、腹八分目とか腹十分目とかにしておけば、アトピーでもさらに赤くなるのを防ぐ効果は高まるのかもしれませんが、それだとお腹いっぱいで、もはや飲み会へ出掛けること自体が面倒くさくなってしまうので、それはそれでおすすめできません。

飲むペースも非常に重要

あとは、飲むペースを調整することも、とても大切だと感じました。一気に飲むとやっぱりすぐに赤くなるので、ちょびちょび飲むくらいが良いと思います。

 

かゆみ撃退王は飲み始めるときから腹六分目で、飲むペースもちょびちょびで、しかもそれに加えて、体に少しでも熱を溜めないようにするために、水をいつでも飲めるように準備していることが多いです。

お酒だけを飲むのではなくて水も飲んでお酒を飲む間隔をつくることで、アトピーでも赤くなることをさらに軽減することができました。

 

このような対策をしたからといって、元々ほとんど赤くならない人ほど、飲む前と変わらないようにすることは難しいかもしれませんが、なにも対策をとらずにお酒を飲んだときの赤くなる症状に比べるとかなり違います。

 

ほんとにちょっと飲むだけで赤くなる体質のかゆみ撃退王でも効果があったので、少しでも興味を持っていただけたならあなたも事前に食事をとってからお酒を飲んでみるようにしてみてください。


下記は、かゆみ撃退王の重度のアトピー肌を救ってくれた貴重な症状別おすすめ3選です。


  • 【お風呂上がりに肌がガサガサゴワゴワになる方へ】

肌潤風呂の紹介分
>>かゆみ撃退王が肌潤風呂を使った検証記事がこちらです

  • 【脱ステを目指したい方へ】

サラヴィオ美容液の紹介文
>>かゆみ撃退王がサラヴィオ美容液を使った検証記事がこちらです

  • 【アトピーにみえない肌になりたい方へ】

アトピスマイルの紹介文
>>かゆみ撃退王がアトピスマイルを使った検証記事がこちらです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください