アトピーの方が妊娠中にチョコレート!かゆみなど悪い影響はある?

疑問を感じる女性

チョコレートは食べ過ぎるとかゆみを発生させてしまうといわれていますが、妊娠中にチョコレートを食べることで特別アトピーの悪化に影響はあるのでしょうか。

 

正直、妊娠中にチョコレートを食べることで、アトピーに悪い影響があります。

 

ですので、妊娠中はチョコレートの摂取は可能であれば控えていただきたいです。

 

そもそも、妊娠中ではなくても、チョコレートはアトピーのかゆみを強くしてしまいますので、あまりおすすめできない食べ物です。これはチョコレートには酸化した油がたくさん含まれていることが原因です。

参考記事
>>アトピーの方必見!チョコレートで悪化するって本当!?

 

免疫が低下していてかゆみが出やすい

妊娠中ならなおさら気をつけた方が良いです。それはなぜかというと、妊娠中はどうしても体内の免疫力が低下してしまっているので、アレルギー症状が出やすくなってしまいます。

 

そういった状況で、元々アトピーが悪化しやすいチョコレートを免疫が低下している妊娠中に食べるというのは、妊娠していない方よりもかゆみが発生しやすく、アトピーにも影響しやすくなっていると考えられるからです。

 

ですのでかゆみを発生させやすいチョコレートを妊娠中に食べるというのはおすすめできません。

無理した我慢は逆効果?

とはいっても、元々チョコレートが大好きで食べないといられないというような方が、いきなり食べるのをやめるのはそれもまた良いことではありません。その場合、いきなりチョコレートを食べるのを我慢することで、極端にストレスが溜まってしまうからです。

 

 妊娠中のストレスも健康面に影響を与えてしまいます。ですので、どうしても我慢ができない方は、いきなりやめるのではなく、まずは食べる量を減らすようにしてみるなど工夫をしてみてください。

 

ただ、かゆみ撃退王の意見としては、チョコレートを食べないとイライラするなど、特別気持ちが落ち着かないほどではないのであれば、アトピーの症状をひどくしないためにも摂取は控えるようにしていただきたいというのが本音です。

 

自分が思っている以上に妊娠中の体内の免疫は低下していますし、妊娠中に食べるのが良くないといわれている食べ物は、極力食べないようにすることは大切だと思います。

自分の体に気を遣っていただき、しっかりとした健康管理を行なうようにしてくださいね。


下記は、かゆみ撃退王の重度のアトピー肌を救ってくれた貴重な症状別おすすめ3選です。


  • 【お風呂上がりに肌がガサガサゴワゴワになる方へ】

肌潤風呂の紹介分
>>かゆみ撃退王が肌潤風呂を使った検証記事がこちらです

  • 【脱ステを目指したい方へ】

サラヴィオ美容液の紹介文
>>かゆみ撃退王がサラヴィオ美容液を使った検証記事がこちらです

  • 【アトピーにみえない肌になりたい方へ】

アトピスマイルの紹介文
>>かゆみ撃退王がアトピスマイルを使った検証記事がこちらです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください