アトピーの粉吹き!少しでも早く解決するための2つの対策

アドバイスをする女性

アトピーの方は、吹きといわれる肌の状態に悩まされることがよくあります。そのような状態のときはとにかく外に出るのすら嫌になることもありますよね。

 

アトピーの粉吹きを早く解決させる対策として、「いつも以上に保湿をしてください」というようなアドバイスをする方は多くいます。

これは間違いではないのですが、正直それだけでは対策としては不十分です。

 

いつも以上に保湿剤を多く塗ってアトピーの粉吹き対策をする前に、ひとつ気をつけていただきたいことがあります。

 

アトピーの粉吹き対策の効果をより高める為には、保湿剤を塗る前の肌を少しでも乾燥しにくい状態にしておくことがとても大切なのです。

 

アトピーで粉吹きになってしまっているのは、皮膚のバリアや水分が少なくなってしまい、表面の皮膚の潤いが奪われてしまっていることが主な原因なのですが、これを早く治す為には肌が乾燥してしまうきっかけを少なくしていくことがとにかく重要になってきます。

今回は、アトピーの粉吹きを早く解消するために行なっていただきたい対策をお伝えさせていただきます。

お湯の温度をなるべく低めにする

まず、アトピーの粉吹き対策として、忘れてはいけないのが、お風呂でのお湯の温度です。

お風呂に入るときにはお湯を熱くしすぎないように心がけて下さい。これは粉吹きの対策以前に、そもそもアトピーの方はこだわっていただきたいところでもあります。

当然、熱い湯を皮膚に当てすぎると、お肌が乾燥してしまう原因になるからです。

 

熱い湯につかってからお風呂に出ると、その時は体が濡れているので気付きませんが、体は非常に乾燥しやすい状態になってしまっているのです。

熱い湯の方が気持ちよくて、スッキリする気持ちはよくわかるのですが、ここはアトピーという自覚を持ち、粉吹きを少しでも早く解決する為に、ぬるま湯のお風呂に入るようにしていただきたいです。

 

かゆみ撃退王も、お湯の温度にはこだわっていますし、最初は温度の低さに違和感がありましたが、慣れてくると全然気にならなくなるものです。

アトピーによる粉吹きを少しでも早く治すためにも、少しでも良いのでお湯の温度を低くしてお風呂に入って、そこから保湿をするようにしてみてください。

 

ぬるま湯から出た後は、熱いお湯から出た後に比べてはるかに皮膚への刺激が少なく水分も蒸発しにくい状態に保たれているので、その状態で保湿剤を塗っていけば、かなり早い段階で粉吹きが解消されることもあります。

できるだけ肌を触らない

これだけでも充分に粉吹きの対策として効果はあるのですが、もう一つ、アトピー吹きを少しでも早く解決する対策として、こだわっていただきたいことがあります。

 

それが、アトピーの粉吹きが気になるからといって触りすぎないことです。

アトピーの方はとくに、自分のいま気になっている箇所をつい触ってしてしまいがちです。炎症を起こしてしまっているところや、ガサガサに乾燥してしまっている箇所ってどうしても気になるし、つい鏡で見ては触ったりしてしまうことってあると思います。

 

気になって触ってしまう気持ちはとてもわかるのですが、手には様々な菌がついているので、それをすることで肌を汚してしまったり、角質を傷つけてしまったりなど、より粉吹きをひどくしてしまうひとつの原因になりかねません。

ですので、アトピーの粉吹きを早く解消する為にも、その箇所に触れるのは我慢するように意識してください。

少しの意識で粉吹きは早く解消できることもある

ちょっとした意識で、意外とすぐにアトピーの粉吹きはキレイになります。

ですので、慣れるまでは苦労するかもしれませんが、粉吹きを早く解決するためにお湯の温度を低めにすること、そしてその箇所を触らないことを意識して行なってみてくださいね。


下記は、かゆみ撃退王の重度のアトピー肌を救ってくれた貴重な症状別おすすめ3選です。


  • 【お風呂上がりに肌がガサガサゴワゴワになる方へ】

肌潤風呂の紹介分
>>かゆみ撃退王が肌潤風呂を使った検証記事がこちらです

  • 【脱ステを目指したい方へ】

サラヴィオ美容液の紹介文
>>かゆみ撃退王がサラヴィオ美容液を使った検証記事がこちらです

  • 【アトピーにみえない肌になりたい方へ】

アトピスマイルの紹介文
>>かゆみ撃退王がアトピスマイルを使った検証記事がこちらです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください