入浴剤でアトピーが乾燥!?逆効果になることも

ニベアでアトピー悪化

アトピーと入浴剤の関係

普通のお湯に浸かるよりも、入浴剤を入れたお湯に浸かった方が、アトピー乾燥は改善される!そのように思っていませんか。

 

たしかに、アトピーの乾燥に効く入浴剤を使えば良いのですが、その選び方を間違えたら逆にあなたのアトピーは余計に乾燥して悪化してしまうことになります!

 

はっきりいいますが、タール色素を含んだ入浴剤は絶対に選ばないようにしてください!

 

タール色素は危険!

 

タール色素と聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、成分表のところに載っている赤色2号とか青色1号という合成着色料のことです。

 

着色料だけあって、タール色素を含んでいる入浴剤をお風呂のお湯に入れるとすぐにキレイな色に染まるのですが、それに浸かるとアトピー肌がどんどん荒れていってしまうリスクがありますので本当に危険です。

 

とくに、炎症を起こしていたり、肌が弱っているところから体内に侵入しやすいので、アトピーの方は本当にタール色素を含んだ入浴剤は使用しないようにしてください。

 

ここでは、名指しは避けますが、かなり有名な入浴剤も普通にタール色素を含んでいるものがあるので、注意して下さい!

 

市販は怖くて使えない

 

はっきりいって、かゆみ撃退王は絶対に市販の入浴剤は使わないです。全てとはいいませんが、市販で売っているもののほとんどがタール色素や香料を使用しています。

 

アトピーを乾燥させたり、肌荒れを引き起こすお湯に浸かると思うと当然怖くて使えません。ですので、市販のものを使うくらいなら入浴剤は使わない方が絶対にアトピーに良いです。

 

どうしても使いたいなら?

 

とはいっても、入浴剤を使って乾燥肌をなんとかできないの?と思っている方もいると思います。どうしても入浴剤を使いたいという方は華密恋(カミツレ)という入浴剤を使うようにしてください。

 

当然のことですが、タール色素は含んでいませんし、つかっている原料は有機栽培のものだけです。しかも、その有機栽培として含んでいる成分はカモミールなのですが、これが結構アトピーに良いのです。

 

カモミールがアトピーの炎症を落ち着かせてくれる効果があることは有名ですが、それ以外にも保湿の効能として、肌のバリアをつくり、肌そのものの力を高めてくれる効果があるのです。

 

乾燥に悩んでいる方や、肌を掻いて炎症を起こしてしまいがちなアトピーの方にはとても良いですね。

 

やっぱり塗る保湿が1番

 

入浴剤を使うなら華密恋(カミツレ)が良いと説明させていだきましたが、これさえすれば後は保湿はいらないと思っているのなら、華密恋(カミツレ)は使わない方が良いです。

 

やっぱり肌へ直接塗る保湿が1番効果が高いからです。アトピー乾燥に効く入浴剤はもちろん大切かもしれませんが、それだけでは保湿は不十分です。

 

ですので、保湿入浴剤どちらも行える方のみ、華密恋(カミツレ)を使うようにしてください。それによってアトピーの乾燥肌はより改善されていくと思います。

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です