治すつもりが・・薬を塗るとアトピーが痒い理由は!?

キュレルを足に塗る

薬を塗るとアトピーがかゆい

アトピーの悩みといえば、肌の乾燥や炎症、そしてなにより痒いことですよね・・・。

 

それらを改善していくこととして一般的に知られていることは、保湿剤を塗ってアトピー肌の乾燥や炎症を防ぎ、そして痒みをおさえることですよね。ただ、人によっては皮膚科でもらう保湿剤などの薬を塗ると逆にアトピーが痒くなってしまう方もいるのです。

 

皮膚科でもらう保湿剤として代表的なのがヒルドイドですが、人によってはこの薬を塗ると肌が痒いと感じられる方もいます。ヒルドイドは一般的に知られている保湿剤なのですが、意外と合わない方は多いようです。

 

あなたも、これに当てはまるかも!と思ったなら、その原因についてかゆみ撃退王が説明している記事がありますので、是非参考にしてみてください。

 

>>アトピーの乾燥肌にヒルドイドは実は逆効果!?真実に迫ってみました

 

また、ヒルドイドの薬を塗るとアトピーが痒くなることはなくても、それ以外の理由でも保湿によってアトピーの痒みが出てくることもあります。その原因は、保湿剤の形状です。それの詳しい話についても、かゆみ撃退王がこちらで説明しています。

 

>>これが原因!?保湿でアトピーが悪化してしまう理由!

 

保湿が嫌い!?

 

上記の、ヒルドイドが合わない例や保湿剤の形状が合わない例どちらも当てはまらず、また保湿剤自体は体に合っているにも関わらず、その保湿剤や保湿の薬を塗るとアトピーの痒みが出てきてしまう人はいます。その理由はどこにあるのでしょうか。

 

それは、お風呂上がりに保湿をすること自体に抵抗を持ってしまっているからです。

 

アトピーの方は痒みを防ぐためにお風呂上がりに保湿剤や、ときにはステロイドなどの薬を塗るといった対策をとっている方が多いと思います。ですが、その保湿をすること自体が嫌で、抵抗を持っている方も少数ではありますがいるのです。

 

とはいっても、塗ることが嫌で、お風呂上がりに保湿をすることによって、痒みが出てきてしまうとしても、アトピーである以上、やはり治るまでは保湿をしないのはさらに痒い状態をつくってしまい悪化させてしまうことになるので危険です。

 

お風呂で保湿!

 

その場合は、保湿の行い方自体を変えてみるのがとても良い対策です。

 

お風呂上がりに保湿をすること自体抵抗を持たれている方には、かゆみ撃退王は肌潤糖をおすすめしております。肌潤糖はお風呂上がりではなく、お風呂の中で保湿をするというアトピーケア商品の中では比較的珍しい商品です。

 

本来であれば、肌潤糖を使った後のお風呂上がりにも、さらに保湿をすることでアトピーが痒い状態をさらに起こしにくくできるのですが、お風呂上がりに保湿剤や薬を塗ると痒いのであれば、そこは塗らなくて構いません。それくらい肌潤糖ならアトピー肌でも潤いをつくってくれるからです。

 

お風呂の中での保湿は最初は慣れないかもしれませんが、慣れてくると頭を洗ったり体を洗ったりするように、自然な流れで行なうことができます。お風呂上がりに保湿剤薬を塗るとアトピー痒いという方は一度試してみてください。

 

かゆみ撃退王が肌潤糖を使ったレビューを作成したページもあるので、是非こちらも参考にしてみてください。

>>薬を塗るとアトピーが痒い方におすすめの肌潤糖の効果を検証

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください