漢方がアトピーに合わない人もいる!?それはどうして?

効果について考える女性

漢方薬

漢方は劇的にアトピーが改善することがあると聞いたので、それを期待して飲み始めてはみたものの、なかなか効果が感じられないどころか、アトピーは悪化気味で体に合わないような気がする。

 

そのように感じたことはないでしょうか?

 

なぜアトピーに効くといわれている漢方を飲んでも合わないと感じてしまうことがあるのでしょうか。

 

それはあなたのアトピーの原因と関係しております。単純に漢方薬そのものが体質に合わないから自分は漢方薬自体がダメなのかな?と思われる方もいるかもしれませんが、そうではありません。

 

飲んでいるものが合わないのは、その漢方薬があなたのアトピーの原因に合っていないからなのです。

 

種類は様々

 

アトピーに効く漢方といっても種類は様々です。体の熱をとることでアトピーを改善する漢方薬、逆に熱を与える(温める)ことで効果を発揮する漢方薬、乾燥肌を改善する効果のある漢方薬などなど。

 

これらそれぞれ違う効果のあるものの中で、あなたのアトピーに合った漢方薬を選んで飲むようにしないと、体に合わないことで悪化してしまう可能性あるのです。

 

どういうことか、簡単に説明していきますね。

 

症状に合わさないと逆効果!

 

アトピーも症状は同じでも、その原因はみなさん違います。

 

例えば、同じアトピーであっても、体が温まるとすぐにかゆみが出てきてしまう方もいれば、汗を大量にかくくらいに体が温まっても全然かゆくならない方もいます。逆に、体が冷えるとアトピーのかゆみが出てくる方もいれば、体を冷やさないとアトピーのかゆみがなかなかおさまってくれないという方もいます。

 

これに対して、アトピーに効く漢方薬ということで飲み始めたものの、体が温まるとすぐにアトピーのかゆみが出てきてしまう人が、体に熱を与える漢方薬を飲み始めたらどうなると思いますか?

 

おわかりの通り、その漢方薬はその方のアトピーには間違いなく合わないので、飲めば飲むほどかゆみが起きて悪化してしまう危険性があります。

 

アトピーは本当に原因が様々なので、あなたのアトピーに合わないものを飲むのを避ける為にも、漢方薬選びは慎重にならないといけません。

 

具体的な症状を聞いてもらえてますか!?

 

漢方医選びにも慎重になるべきです。はっきりいいますが、具体的な症状を聞かずにアトピーの患者へ漢方薬を処方する漢方医は信用しない方が良いです。

 

つまり、あなたが診察でアトピーを治したいというように話したときに、「アトピーならこの漢方薬を飲んでみてください。」とような返答をする漢方医は要注意です。そんな漢方医いるの?と思ってしまったかもしれませんが、残念なことに実際結構いるのです。

 

ですので、あなたのアトピーについて詳しく聞いてもらった上で、その症状に合った漢方薬を処方してくれる漢方医のもとへ伺うべきです。

 

乾燥肌を治すの漢方は危険!?

 

よく、アトピーの乾燥肌を治す為に、その効果がある漢方薬を自分で選んで飲んでいる方がいます。

 

アトピーだから乾燥肌を防ぐ漢方薬を飲んでいれば少なくとも悪化はしないだろう。と思う気持ちはわかりますが、その考えも危険です。

 

たしかに乾燥肌を潤してくれる漢方薬はアトピー改善の役に立つこともよくあるのですが、中には体に熱を与えて乾燥肌を防ぐという漢方薬もあるからです。体を温めるとかゆみが起きる方にとっては、その漢方が合わないというのは容易に想像がつきますよね。

 

ですので、現時点で飲んでいる漢方があなたのアトピー合わないと感じているのであれば、一度医師と相談されてみることをおすすめします。

 

あなたはどういったときにかゆみが起きて、どういったときに悪化するのかなど、具体的に紙に書き出し、それを元に医師と相談した上で処方してもらった漢方薬を飲むようしてくださいね。

 


■下記は、かゆみ撃退王が使ってアトピー改善に効果があった症状別おすすめ保湿剤です。


 

【アトピーの象肌を治したい方】

肌潤糖
>>肌潤糖を実際に使った感想と効果


 

【アトピー肌をヒタヒタに潤したい方

肌潤ろーしょん紹介
>>肌潤ろーしょんを実際に使った感想と効果


 

【シミても良いから早く傷口を治したい方

アクアゲルマジェル紹介
>>アクアゲルマジェルを実際に使った感想と効果


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください